教育・子育て支援

教育・子育て支援 教育・子育て支援

最新のテクノロジーを活用し、全ての子どもたちが分け隔てなくさまざまな経験ができる機会を提供し、地域や時間的な制約を超えて、未来の社会を担うリーダー・人材の成長を支援していきます。また、情報通信技術の力で、子育て世代の孤立防止や、地域とのつながり促進など、社会全体で子育てを行う環境づくりを目指します。

教育プログラムの提供

AI活用人材の育成を目指す
「AIチャレンジ」

AI活用人材の育成を目指す教育プログラムの提供

AI(人工知能)技術が急速に普及する中、当社は最先端のAI研究やAIを利用した事業活動を推進しています。この一環として、新しい教育プログラム「AIチャレンジ」を提供しています。主に高校生を対象に、実社会で使われているAI構築を試すことで、AIの基礎から活用方法までを学ぶ機会を提供します。AIの発展した未来を考え、これからの社会で活躍できる人材の育成を目指します。

ロボットエンジニアを体験
「Kandu Robot LAB」

ロボットエンジニアを体験「Kandu Robot LAB」

イオンモール幕張新都心にある仕事体験テーマパーク「Kandu(カンドゥー)」に「Robot LAB(ロボットラボ)」を出店しています。子どもたちには、「Kandu」の町の悩みを解決するため、ロボットエンジニアとしてPepperのプログラミングに挑戦してもらいます。

この体験で目の前にある課題を解決することを楽しさ、難しさを学べることを目的にしています。

プログラミング教育支援
「IoTチャレンジ」

プログラミング教育支援「IoTチャレンジ」

2020年からの小中学校におけるプログラミング教育必修化を受け、当社では、2019年度から2021年度までPepperとmicro:bitを使った新しい教育プログラム「IoTチャレンジ」の提供を行いました。
150校を超える学校で授業が実施され、子どもたちは、身近な課題の解決策を考えながらさまざまなセンサーを組み合わせてプログラミングを行い、ICT(情報通信技術)視点のものづくりを体験しました。

プログラミングで目指せ未来のクリエイター! 遊び × 学びの「春休みPepperすごろくトライアル」

ICTを活用した体育の授業や
部活動をサポート

ICTを活用した体育の授業や部活動をサポート

学校の体育の授業や部活動において、競技経験が乏しく、指導力不足に悩む先生へのサポートを目的に、スマートコーチを活用した遠隔でのサポートを提供しています。

先生や生徒たちは、スマートフォンやタブレット、パソコンを使って動画を活用することで、知識や経験が豊富な専門のコーチからオンラインによる遠隔指導を受けることができます。

この取り組みは大学での授業などにも活用されており、学校の先生たちのサポートや子どもたちの育成を目指すとともに、未来の指導者育成に役立てられています。

育児・子育てをICTの力で支援

短時間の就業が可能な
「ショートタイムワーク」

短時間の就業が可能な「ショートタイムワーク」

パソコン、スマートフォンやタブレットなどICTを活用した取り組み「ショートタイムワーク」を推進しています。ショートタイムワークは、子育てなどの理由により通勤や長時間勤務をすることが難しい場合、職場などの場所に縛られずに短時間で就業できる取り組みです。

ICTを活用し、距離や時間に縛られない働き方を実現することで、今まで意欲があっても、物理的、時間的な制約で就労ができなかった方への就労機会を提供します。

子育ての課題解決や
サポートが可能な
デジタルこども手帳「てくてく」

子育てに関する課題の早期発見などのサポートを行うウェブサービス・デジタルこども手帳「てくてく」を自治体向けに提供しています。子育てに必要な母子健康手帳機能などを提供し、本サービスを通じて、ICTを利活用した、地域社会における子育て支援に貢献することを目指します。

乳幼児期からの情報を
記録・管理する
「成長ログサービス」

乳幼児期からの情報を記録・管理する「成長ログサービス」

乳幼児期から生涯にわたり成長・発達・健康に関する情報を記録・管理することができるICTを活用したウェブサービス「成長ログサービス」を自治体向けに提供しています。
自治体は、年代や性別に合わせた情報配信機能を活用して、住民とのより密なコミュニケーションを実現することができます。住民は、情報を記録することで本人や家族の個性や特長を早期に把握・理解することができるようになります。また、記録した情報を自治体に共有することで、正しい理解を促し適切なサポートなどを得ることができます。

頼れる家族がいない
子どもたちを支援

頼れる家族がいない子どもたちを支援

さまざまな理由により、頼れる家族がいない子どもたちを支援するため、毎月10円をお客さまから寄付いただき、それと同額の10円を当社が拠出して、1カ月当たり20円を寄付する「チャリティスマイル」の提供をしています。

毎月10円という手軽な金額と、月々の携帯電話利用料金の支払いと一緒に寄付できる利便性により、無理なく継続的に支援することができます。また、国内外にかかわらず、大規模災害発生時には被災地支援にも寄付金の一部が充てられます。

お申し込み:“ソフトバンク”の携帯電話をご利用のお客さま

日常生活で困りごとを抱える
子どもの支援

日常生活で困りごとを抱える子どもが一人で行動し、本来の力を発揮できるようアシストするためのスマートフォンを活用したアプリ「アシストガイド」を提供しています。

子どもの夢を
支援する活動に協賛

SEND to 2050 PROJECT

SEND to 2050 PROJECT

当社は「SEND to 2050 PROJECT」の活動に賛同し、支援しています。2050年に、より良い「リーダー」と「時代」を届けるため、2009年にスタートしたSEND to 2050 PROJECT。2050年を担い、全国各地のリーダーになりうる中学校の「生徒会」の皆さんに集まっていただき、協働して日本の未来をつくる舞台「全国生徒会サミット」を開催しています。