ニッポン、変えテク。

100年先の世界を、
日本のこれからの
変化が決める。

AIと人が共存する社会は、もう始まっている。

ここで後れをとってしまうと、
日本に挽回のチャンスはない。

その危機感が、私たちの原動力です。

進化し続けるAIと共存する社会に向けて
膨大なデータ処理を可能にする
「次世代社会インフラ」を整備することが、
日本の最優先課題。

ソフトバンクは挑戦し続けます。
これまで蓄積してきた、
技術と経験を最大限に生かして。

日本をAI先進国にするために。
世界の進化をリードできる日本であるために。

私たちは、このAI時代に必要な情報革命で、
人々の幸せに貢献します。

ソフトバンクが目指す
「次世代社会インフラ」とは

  • AIの活用が進んだ未来では
    データ量が膨大に

    この先の未来、データ処理に必要な計算能力は爆発的に増え、2050年には2,000倍以上になると予想されているほどです。あらゆるモノがインターネットにつながり、世界中でAIが用いられる社会では、膨大なデータをリアルタイムで高速処理する必要があります。しかし、現在の通信インフラのままではその未来に対応することはできません。進化を続けるAIと共存する未来を実現するためには、その進化を支えることができる、より強力な「次世代社会インフラ」が必要なのです。

  • AI共存社会に向けた
    新たなプラットフォーム

    「次世代社会インフラ」とは、現在の通信インフラの構造そのものを変え、処理能力・計算能力の飛躍的な向上で、AIの持つ力を高める全く新しいデジタルインフラ。現在の都市集中型のデータ処理を、地方に分散させることでデータ処理の超高速化を実現します。さらに、再生可能エネルギーを活用できる地域に分散させることで脱炭素社会の実現にも貢献します。処理能力を高めた新たなプラットフォームは、AI活用の可能性を広げ、持続可能な社会の実現に貢献することでしょう。

  • 世の中を変える
    インフラをつくる

    AI共存社会を実現するためには、AIがどんな性能を持ち、どんな進化を遂げていくのかを知る必要があります。だからこそソフトバンクは、AIを深く知り、多用することを大切にしています。AIを最も理解している会社となり、世の中を変えるインフラをつくる。さらには、そのインフラで活用される画期的なAI技術も開発する。その思いを胸に、ソフトバンクは本気で取り組んでいます。

次世代社会インフラが
かなえる未来の暮らし