「情報革命で、人々を幸せに」という
経営理念の実現により、
持続可能な社会に貢献します。

グループ構造

ソフトバンクは、
総合デジタルプラットフォーマーとして
情報革命に挑みます

当社の位置付け

ソフトバンク株式会社の親会社は、戦略的持株会社であるソフトバンクグループ株式会社です。ソフトバンクグループ株式会社は、「情報革命で人々を幸せに」という経営理念の下、世界の人々が必要とするテクノロジーやサービスを提供する企業グループとなることを目指しています。ソフトバンク株式会社は、その中で中核となる事業会社として、テクノロジーやサービスを追求し、情報革命の新たなステージに向けた挑戦を続けています。
ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)グループは、日本全国をカバーする通信ネットワーク、インターネットメディア「Yahoo! JAPAN」、決済プラットフォーム「PayPay」、そしてコミュニケーションアプリ「LINE」などの、日本有数のプラットフォームを有する企業グループです。当社グループは、これらの顧客接点と、さまざまな産業における法人のお客さまへの営業・提案力などの強みを統合し、これからの社会インフラを支え、収益の拡大による成長と新規事業による価値創造を行うことで「総合デジタルプラットフォーマー」へと進化していきます。

これまでの歩み

ソフトバンクは、
革新的なサービスを通じて、
国内通信市場の発展に
貢献してきました

当社のアイデンティティーは、現在の親会社であるソフトバンクグループ株式会社の中心的な事業として成長する過程で形成されてきました。ソフトバンクグループは、2001年にブロードバンド事業に参入し日本の通信インフラを大きく変革しました。さらに2006年にボーダフォン日本法人を買収してモバイル通信事業に参入しました。そして、2015年にグループ内4社で営んでいた通信事業を統合し現在のソフトバンクの姿となりました。これまでの歩みは、最先端のテクノロジーを生かし、快適で利便性の高い通信サービスを幅広く提供してきた歴史といえます。

2007年には、"ソフトバンク"同士なら特定の時間帯に通話無料となる「ホワイトプラン」を開始し、2008年にはスマートフォンの普及を見据えて日本で初めてiPhoneの販売を開始するなど、お客さま視点の革新的なサービスを次々と生み出し、日本の通信サービスの発展をリードしてきました。これからも、未来を見据えたイノベーションに取り組み、より多くの方にご満足いただけるサービスを常に追求することで、お客さまに好かれ続けるソフトバンクを目指します。

2001年

「Yahoo! BB」提供開始

日本のインターネットは遅くて料金も割高と言われていた時代に、当時世界で最も高速で最も安いインターネットサービスとして提供を開始し、日本のインターネットの普及に大きく貢献しました。

2007年

ホワイトプラン提供開始

1時から21時までの時間帯“ソフトバンク”同士の通話が無料となる音声通話定額プラン「ホワイトプラン」を打ち出しました。当時の日本の通信業界では革命的な取り組みであり、数多くのお客さまにご好評いただきました。

2008年

iPhone独占販売開始

早くから米Apple Inc. 創業者 スティーブ・ジョブズ氏の先見性に注目していた当時の社長 孫 正義は、彼に直談判し、iPhone3Gの日本における独占販売を成功させました。これは、日本のiPhoneブームを引き起こす大きなきっかけとなりました。

2014年

新ブランド展開

多様化するお客さまのニーズに応えるため、“ソフトバンク”ブランドに加えて、低価格の“ワイモバイル”ブランドの展開を開始しました。“ソフトバンク”は大容量データプランで思う存分スマートフォンを楽しみたいお客さまに選ばれる一方で、“ワイモバイル”は月々の費用を抑えつつ快適にスマートフォンを利用したいお客さまから支持されています。

2015年

「SoftBank 光」開始

光ファイバー網を利用した家庭向け高速インターネットサービス「SoftBank 光」の提供を開始しました。また、ブロードバンドサービスとモバイル通信サービスをセットで契約されたお客さまにモバイル通信サービス料金を割り引く「おうち割 光セット」を開始し、多くのお客さまにご加入いただいています。

2016年~

大容量データプラン展開

スマートフォンでインターネットや動画を楽しみたいお客さまに、ストレスフリーでお使いいただくためのプランとして、20GBのデータ容量を毎月使えるデータ定額サービス「ギガモンスター」を開始しました。また、2017年には50GBの「ウルトラギガモンスター」、2018年には50GBに加えて、対象の動画とSNSが使い放題となる「ウルトラギガモンスター+(プラス)」など、さまざまなデータプランを展開してきました。

2018年~

新ブランド展開

LINEモバイルとの資本・業務提携により、“ソフトバンク”、“ワイモバイル”に続く第3のブランド「LINEモバイル」の展開を開始しました。「LINE」をはじめとする主要SNSや音楽サービス「LINE MUSIC」が使い放題のプランが特徴の「LINEモバイル」はオンラインでのお客さまとの接点に強みを持ち、SNSを頻繁に使う若者を中心に高い支持を得ています。

2018年

スマホ決済サービス「PayPay」開始

ソフトバンクとZホールディングスが共同で「PayPay」を開始し、キャッシュレス決済市場に本格的に参入しました。インド最大の決済サービス事業者Paytmの技術を用いた使いやすいアプリケーションや、加盟店舗数の増加によりユーザーは急拡大しました。

沿革

事業内容

ソフトバンクは、
四つの主要な事業分野と
それ以外の領域で
多様なニーズにお応えしています

当社は、「コンシューマ事業」、
「法人事業」、「流通事業」、
「ヤフー事業」の
四つの主要な事業と
それ以外の領域で事業を展開しています。

売上高シェア率 売上高 5兆2,055億円 2021年3月期 コンシューマ 53% 法人 13% 流通 9% yahoo 23% その他 2%

 

 

  • コンシューマ
    事業
  • 法人事業
  • 流通事業
  • ヤフー事業

個人のお客さま向けに、モバイル端末の販売を含むモバイル通信サービスとブロードバンドサービスを提供しています。

モバイル通信サービス

当社は、"ソフトバンク"、"ワイモバイル"、オンライン専用の新ブランド"ラインモ"の三つのブランドでモバイル通信サービスを提供し、お客さまの多種多様なニーズにお応えしています。

SoftBank Y!mobile LINEMO

ブロードバンドサービス

個人のお客さま向けに、光ファイバー網を利用した家庭向けの高速・大容量通信回線サービス「SoftBank 光」のほか、工事不要ですぐにWi-Fiが使える「SoftBank Air」などのブロードバンドサービスを提供しています。

SoftBank光 SoftBank Air

その他の事業を確認する

法人のお客さま向けに 、モバイル通信サービスや端末レンタル、固定電話、ネットワーク構築といった、いわゆる通信サービスに加え、クラウド、セキュリティ、IoT商材・サービス、デジタルマーケティングなどの多岐にわたるサービスやソリューションを提供しています。また、当社グループが保有する強力なプラットフォーム群を繋ぎ合わせ、さまざまな企業・自治体と共創して、ユーザーへの新たな価値の提供に取り組んでいきます。

クラウド ネットワーク・VPN モバイル AI・機械学習 IoT 音声・電話 RPA デジタルマーケティング データセンター セキュリティ ロボット

ソフトバンクグループの原点であるIT流通ビジネスを受け継ぐとともに、市場環境の変化を迅速にとらえ、新たなビジネスモデルを生み出しています。

<法人向け>

国内最大規模の販売ネットワークを通じ、クラウドやAIを含めた先進のテクノロジーを活用したプロダクト・ソリューションを提供しています。

ICTクラウド

<コンシューマ向け>

独自の企画・開発力を生かし、ソフトウエアやモバイルアクセサリーから、IoTプロダクト・サービスへと商品ラインアップを拡充しています。

IoTサービス

ヤフー事業はメディア領域、コマース領域、戦略領域で構成されています。2021年3月のLINE株式会社との経営統合によって、「情報」「コミュニケーション」「決済」という日常生活に欠かせない「3つの起点」による日本のインターネットユーザーに対する圧倒的なリーチとエンゲージメントをもつ企業グループになりました。

メディア領域
コマース領域
戦略領域

その他価値創造の取り組み

当社は最先端の技術革新をビジネスチャンスとして常に追求しており、AI、IoT、FinTech※3、セキュリティ、モビリティなどの分野に積極的に投資を行い、事業展開を図り、多岐にわたる事業を行っています。

QRコードを使った
キャッシュレス
決済サービス

当社とZホールディングス株式会社が共同で設立したPayPay株式会社は、2018年10月からバーコードやQRコードを使って決済ができるキャッシュレス決済サービス「PayPay」の提供を行っております。ソフトバンクグループ株式会社の投資先と連携して実現した事業の一つです。お客さまに同サービスを日常的に使用いただくことを企図した各種キャンペーンの実施などにより大きく認知度を上げ、2021年6月には、累計登録ユーザー数※4が約4,000万人を超え、「PayPay」で決済できる加盟店数は328万カ所※5を超えました。2020年度の決済回数は前期比の約2.5倍となる20億回を超え、決済取扱高は前期比の約2.6倍となる3.2兆円となり、いずれも順調に増加しました。

「PayPay」は、2021年3月のZホールディングス株式会社とLINE株式会社の統合や、グループ会社との連携によって、ユーザーのあらゆる課題を解決し、生活をもっと豊かで便利にする「スーパーアプリ」になることを目指しています。その取り組みの一つとして、Zホールディングス株式会社は金融サービスのブランドを「PayPay」に統一することに決定しました。「PayPay」のユーザーに向けて新たなプロダクトを開発し、銀行、クレジットカード、証券、保険などの各種金融サービスの提供を拡大していきます。

金融サービスの強化で「PayPay」はスーパーアプリへ

次世代モビリティサービス

当社とトヨタ自動車株式会社は、モビリティサービスの構築に向けて戦略的提携に合意し、新会社MONET Technologies株式会社(以下「MONET」)を設立して、2019年2月に共同で事業を開始しました。
当社が開発した、スマートフォンやセンサーデバイスなどからのデータを収集・分析して新しい価値を生み出す「IoTプラットフォーム」と、トヨタ自動車が構築したコネクテッドカーの情報基盤である「モビリティサービスプラットフォーム」を連携させ、車や人の移動などに関するさまざまなデータを活用することで、移動に関する社会課題を解決するとともに、将来の自動運転社会を見据えて、自動運転車両を活用した移動型コンビニやクリニック、オフィスなどの新たなモビリティサービスを創出することを目指しています。

また、2019年6月、同社は、いすゞ自動車株式会社、スズキ株式会社、株式会社SUBARU、ダイハツ工業株式会社、日野自動車株式会社、本田技研工業株式会社、マツダ株式会社とそれぞれ資本・業務提携を行っています。

さらに、MONETは、MaaS※7オープンプラットフォームの構築、およびMaaS普及促進、移動における社会課題の解決や新たな価値創造を目指すMONETコンソーシアムを立ち上げ、2021年6月時点で663社の企業が加入しています。
今後もMONETは、各地域の課題解決や発展に向けての全国の自治体との連携や、上記活動を通じて、日本の社会課題の解決や新たな価値創造を可能にする革新的なモビリティサービスの実現と普及に取り組んでいきます。

技術開発への取り組み

あらゆるモノが
ネットワークにつながる
未来に向けて、
革新的な技術の開発に
取り組んでいます。

5G時代に向けた
ソフトバンクの取り組み

5G展開スケジュール

ソフトバンクは、4Gで培った強みを最大限活用し、5G展開エリアの拡大を図ります。2021年3月末に全国47都道府県への展開を達成し、2022年春には人口カバー率90%超を目指します。

ソフトバンクの5G展開

2020年4月にKDDI株式会社と地方における5Gネットワークの早期整備を推進する合弁会社「株式会社5G JAPAN」を設立しました。両社が保有する基地局資産を効率的に相互利用するインフラシェアリングを推進し、5Gの地方展開を加速していきます。

SoftBank 5G 特設ページ

[注]

※1Zホールディングスの保有は当社の連結子会社であるAホールディングス(当社とNAVERがそれぞれ議決権の50%ずつ保有)を経由しており、AホールディングスがZホールディングスの議決権の65.3%を保有しています。

※2売上高の構成比は小数点以下四捨五入しているため、合計が必ずしも100%とはなりません。

※3FinTech:金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた造語。インターネットやスマートフォン、AIなどを活用した新しい金融サービスのことを指します。

※4アカウント登録を行ったユーザー数です。

※5店舗やタクシーなど、「PayPay」への加盟契約申込数です。

※6今後リリースを予定しているサービスとなります。

※7MaaS;Mobility as a Serviceの略称で、車や人の移動に関するデータを活用することで需要と供給を最適化し、移動に関する社会課題の解決を目指すサービスです。

※8HAPS:HAPS(High Altitude Platform Station)とは、成層圏に飛行させた航空機などの無人機体を通信基地局のように運用し、広域のエリアに通信サービスを提供できるシステムの総称です。

TM and © 2020 Apple Inc. All rights reserved. Apple、iPhoneは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。