1. ホーム
  2. 企業・IR
  3. サステナビリティ
  4. マテリアリティ(重要課題)
  5. ⑥レジリエントな経営基盤の発展 ~強靭かつ誠実な企業統治と組織・人事~

⑥レジリエントな
経営基盤の発展~強靭かつ誠実な企業統治と
組織・人事~

コーポレート・ガバナンス体制の高度化を図るとともに、
ステークホルダーの皆さまとの継続的な対話を通じて、社会に信用される誠実な企業統治を行います。
また、最新のテクノロジーを活用しながら、多様な人材が活躍できる先進的職場環境を構築し、
イノベーションの創発と従業員の幸福度向上を図ります。

SDGsの目標

1 貧困をなくそう 3 すべての人に健康と福祉を 4 質の高い教育をみんなに 5 ジェンダー平等を実現しよう 8 働きがいも経済成長も 10 人や国の不平等をなくそう 12 つくる責任 つかう責任 16 平和と公正をすべての人に 17 パートナーシップで目標を達成しよう

コーポレート・ガバナンスの高度化と実効性の担保

コーポレート・ガバナンスの高度化と実効性の担保 コーポレート・ガバナンスの高度化と実効性の担保

高度なガバナンス体制を構築するとともに、経営の透明性を高め、誠実で公正な企業統治を行います。

主な事業

  • コーポレート・ガバナンス体制の整備、コンプライアンス違反の防止徹底
  • 高度な内部統制、反社会的勢力の排除、腐敗防止
代表的なKPI 2021年度 2022年度
1 KPI コンプライアンス違反件数:実績把握(毎年)
実績 懲戒件数:40件
2 KPI コンプライアンス研修受験率:実績把握(毎年) コンプライアンス研修受験率:99%以上(毎年)
実績 コンプライアンステスト受験率:100%
3 KPI 正社員における内部通報窓口の認知度:99%以上新規
実績
4 KPI 取締役会の実効性担保:評価の実施
実績 2021年度評価実施
5 KPI 全取締役取締役会平均出席率:75%以上
実績 全取締役会平均出席率:97.37%

ステークホルダーとの協働による持続的な発展

ステークホルダーとの協働による持続的な発展 ステークホルダーとの協働による持続的な発展

ステークホルダーへの適時適切な情報公開と継続的な対話を通じて、強固な信頼関係を構築し、共に持続的に発展することを追求します。

主な事業

  • 倫理的な調達・取引
  • 健全で透明性の高い情報公開
  • 災害協定や緊急災害対応アライアンス「SEMA」など地域社会との連携
代表的なKPI 2021年度 2022年度
1 KPI サステナビリティ調達調査回収:90%以上(毎年)
実績 アンケート回収率:93%
2 KPI ハイリスクサプライヤーに対する改善活動の支援:100%実施
実績 100%
3 KPI サプライヤー視察/CSR監査:2社以上 サプライヤー視察/CSR監査:10社以上更新
実績 5社
4 KPI NPO団体等連携数:1,000団体(2023年度)
実績 791団体

社員の幸福度向上とダイバーシティ&インクルージョン

社員の幸福度向上とダイバーシティ&インクルージョン 社員の幸福度向上とダイバーシティ&インクルージョン

誰もが能力を発揮でき、働きがいのある環境づくりに取り組みます。

主な事業

  • 社員成長、キャリア実現支援※1
  • 公平な評価・登用制度
  • 女性活躍の推進、障がい者採用と雇用の定着、LGBTQに関する取り組み
  • ハラスメントの防止
代表的なKPI 2021年度 2022年度
目標とする世界観 誰もが働きやすい職場づくり
1 KPI 女性管理職比率:20%超(2035年度)
  • その過程である2030年度には15%超(2021年度比で2倍)を実現
実績 7.6%
2 KPI 障がい者雇用:法定雇用率以上(毎年)
実績 2.34%
3 KPI 有給休暇取得率:70%以上維持(毎年)
実績 70.1%
4 KPI 工事に伴う重大事故:0件(毎年)
実績 死亡事故:0件
5 KPI 育児休職からの復帰率:100%新規
実績
6 KPI 男性育児休職取得率:
30%(2023年度)、50%(2026年度)新規
実績
7 KPI 介護による退職者数:0人新規
実績

[注]

  • ※1

    フリーエージェント/ジョブポスティング制度、ソフトバンクユニバーシティ、SB版キャリアドック

先進的な職場環境による生産性の向上

先進的な職場環境による生産性の向上 先進的な職場環境による生産性の向上

テクノロジー活用による働き方改革と健康経営の推進に取り組みます。

主な事業

  • 働き方改革※1
  • 健康経営の推進
  • スマートビルへの本社移転
  • 時間や場所に縛られない多様な働き方の推進※2
代表的なKPI 2021年度 2022年度
目標とする世界観 働き方改革と健康経営の推進
1 KPI アフターコロナを見据えた働き方の推進
  • 多様な働き方を推奨するオフィス環境の提供:実数把握(毎年)
実績 地域事業所12拠点でのオフィスリノベーション・フリーアドレス移行
自社サテライト5拠点、WeWork33拠点、他250拠点を超える全国のシェアオフィス活用
2 KPI テレワーク実施率※3:70%以上(毎年) テレワーク実施率※3:90%以上(毎年)更新
実績 95.9%
3 KPI 喫煙率:
  • 前年対比1%以上減
  • 20%未満(2030年度)
実績 ※4
4 KPI 調査国内ランキング上位:主要調査上位(毎年)
実績 「日経SDGs経営」調査 5星、第4回日経「スマートワーク経営」調査 5星
「日経Smart Work大賞2021」イノベーション力部門賞
「健康経営優良法人2021(ホワイト500)」認定

[注]

  • ※1

    スーパーフレックスタイム制、テレワークやAIやRPAなどの活用による業務改善、副業の許可

  • ※2

    テレワーク・コワーキングスペースの活用

  • ※3

    月1回以上テレワークを実施した社員の割合

  • ※4

    集計中。2022年6月上旬更新予定

  • 本ページで記載する事業は当社とグループ企業の取り組みが含まれています。

6つのマテリアリティ(重要課題)