事業を支える研究開発 Research & Development

事業を支える研究開発

事業を支える研究開発 Research & Development

事業を支える研究開発

新たな時代の創造を目指し、
イノベーティブで社会に貢献できる研究開発に取り組んでいます。

未来をつくる研究開発領域

誰も見たことのない未来を描き実現するため、さまざまな分野で研究開発に挑戦しています。
主な研究開発領域における取り組みをご紹介します。

通信基盤技術

当社では、通信の進化を支えるさまざまな基盤技術の研究開発に取り組んでいます。

昨今、目覚ましい発展を遂げているドローンなどのUAV(unmanned aerial vehicle)を用いて数百m~20km上空に配置する上空基地局の実用化が期待されており、ソフトバンクでは、次世代のセルラー通信基盤技術として、これらの上空基地局と地上のセルラー通信ネットワークの連携により超広域低遅延通信を実現する三次元空間セル構成技術の研究開発を実施しています。

上空も含めた全ての屋外三次元空間をサービスエリアとする三次元空間セル構成技術を実現するための主な要素技術として、上空基地局(リピーター)、無線通信技術、上空基地局と地上セルラーネットワークの連携制御ネットワーク、三次元空間セル構成技術のセル設計を最適に行うための電波伝搬モデルの研究開発に取り組んでいます。また、国内外への貢献を目指し、研究成果の国際標準化を推進する活動も積極的に行っています。

関連企業・事業サービス >

5G

2020年3月より提供を開始した5Gは、産業やサービスを大きく進化させることが可能なテクノロジーです。

当社では、5G技術をフル活用するため、eMBB(高速大容量)を用いたサービス開発、またURLLC(高信頼低遅延)やmMTC(多数同時接続)に関する先行研究など、さまざまな活動・調査研究に取り組んでいます。

具体的には、未来の自動運転社会におけるトラックの隊列走行および自動運転車両の制御などに関するさまざまなV2X (Vehicle to X)の実証実験の他、MEC(Multi-access Edge Computing)と5Gを組み合わせた低遅延かつ高速大容量なサービスの実現に向けた研究開発を進めています。

関連企業・事業サービス >

Beyond 5G/6G

Beyond 5G/6Gは、通信速度・情報伝達の遅延・多数端末との同時接続などの機能において、5Gの通信性能の10倍以上の向上が想定されています。その実現のため、完全仮想化に向けたvRANの研究や、広帯域大容量通信が可能となるテラヘルツ通信の研究などさまざまな取り組みを行っています。

広大なエリアの構築や災害時でも通信を提供することが可能なHAPS(High Altitude Platform Station)の実現にも取り組んでおり、高高度基地局からのエリア形成や大容量化のための次世代ビームフォーミング技術の開発などを進めています。子会社のHAPSモバイル株式会社では、2020年にソーラーパネルを搭載した成層圏通信プラットフォーム向け無人航空機「Sunglider(サングライダー)」が、成層圏飛行および成層圏からのLTE通信に成功しています。

Beyond 5G/6Gを見据え、多角的な研究開発に取り込むことで、よりよい通信事業の拡充に注力していきます。

関連企業・事業サービス >

IoT

人とモノのつながりから、モノとモノがつながり、さまざまな領域でこれまで取得することができなかった情報の計測・数値化を可能にし、膨大なデータ通信がやり取りされることで新時代の情報処理に大きな変革をもたらすIoT(Internet of Things)。

当社は、高性能なチップを搭載したIoTセンサーやNB-IoT(Narrow Band-IoT)を活用したNIDD(Non-IP Data Delivery)などのサイバー攻撃に対するセキュリティ技術の研究を進めるとともに、IoTで新たなデータを収集し分析することで、社会課題解決・価値創出に役立てていきます。

関連企業・事業サービス >

AI

機械学習をベースとしたさまざまなAI技術を実ビジネスへ応用する取り組みとともに、そこで発生する精度や速度、教師データ作成コストなど、現在のAIの共通課題を克服し、AIの能力を飛躍的に向上させるための技術開発や、脳科学との融合により人間のように柔軟で汎用的な課題解決能力を持つ次世代AIの研究などに国立大学法人東京大学と共同で取り組んでいます。

また、AIを活用するために不可欠となる多種多様なデータの適切で精度の高い収集を行うため、良質な教師データの整備や、プライバシーを保護しつつデータを安全に利活用する仕組みの実現などにも取り組んでいきます。

これらの活動を通して、当社の事業を支えるAIソリューションやその共通基盤を提供するだけではなく、よりよいAIを実現することで企業や社会への貢献を目指します。

関連企業・事業サービス >

ロボティクス

当社は、これまで工場や倉庫などに活躍の場が限られていたロボットが、次世代通信技術の活用により重要なアプリケーションの一つとして日常生活の中で人間と共存する未来に向け、普及・発展に取り組んでいます。

現在ロボット開発の分野では、かつて車産業においてT型フォードが部品の規格化・互換性向上による大量生産・低価格化で実現した爆発的普及と同様の産業勃興が起きつつあります。

COTS(Commercial Off-The-Shelf)なハードウエアとROS(Robot Operating System)をはじめとしたオープンソースなソフトウエアを活用したロボットの研究開発を進めており、その成果である「Cuboidくん」「サイネージくん」やその派生機を用いて、エレベーターと連携した屋内配送、人感センサー搭載による見守り、デジタルサイネージやテレプレゼンスなどさまざまアプリケーションの開発・実証のほか、屋外走行など新しい課題にも挑戦しています。

関連企業・事業サービス >

モビリティ

自動運転の実用化は、私たちの暮らしをさらに便利にするだけでなく、移動にまつわる社会課題の解決策としても期待されています。

当社では、モビリティ社会の拡充に向け、5G超低遅延通信を活用した自動運転支援の実証実験を行うほか、子会社のBOLDLY株式会社による自動運転技術の開発や、同じく子会社であるMONET Technologies株式会社によるMaaS(Mobility as a Service)向けモビリティプラットフォームの開発・サービス提供などさまざまな実証実験や事業化に取り組んでいます。

関連企業・事業サービス >

プレスリリース PRESS RELEASES

プレスリリース

研究開発に挑む技術者たち CHALLENGERS

研究開発に挑む技術者たち

突出した知識・スキルを持った「Technical Meister(テクニカルマイスター)」をはじめとするエンジニアたちが、さまざまな研究開発を通して日々技術革新に挑戦しています。
    • 無線給電

    長谷川 直輝

    Naoki Hasegawa

    受賞歴:

    電子情報通信学会アンテナ・伝播研究会 若手奨励賞

    • AI
    • ディープラーニング

    金 大柱

    Daeju Kim

    受賞歴:

    2012年度 統計関連学会連合大会 コンペティション部門 最優秀賞

    • AI
    • ディープラーニング

    山田 聡

    Satoshi Yamada

    • AI
    • 画像処理・パターン認識

    堀 隆之

    Takayuki Hori

    受賞歴:

    米国のNIST主催映像検索ワークショップ「TRECVID」Adhoc-Video search部門
    2019年度:3位 2020年度:3位

    • AI
    • 自然言語処理

    王 欣陽

    Hsinyang Wang

    • AI
    • 自然言語処理

    佐藤 貴俊

    Takatoshi Sato

    • ITインフラ
    • サービング技術

    鶴長 鎮一

    Shinichi Tsurunaga

    • ITインフラ
    • システムアーキテクチャ

    山根 武信

    Takenobu Yamane

    • ITインフラ
    • ネットワーク

    松嶋 聡

    Satoru Matsushima

    受賞歴:

    MPLS JAPAN Award 2017

    • ITインフラ
    • ネットワーク

    三宅 正浩

    Masahiro Miyake

    • ITインフラ
    • ネットワーク

    小島 一憲

    Kazunori Kojima

    • ITインフラ
    • ネットワーク

    堀場 勝広

    Katsuhiro Horiba

    受賞歴:

    WIDE賞 第二十回
    WIDE賞 第二十七回

    • ITインフラ
    • 情報の扱い

    吉井 英樹

    Hideki Yoshii

    受賞歴:

    未踏スーパークリエータ認定
    2006年度下期

    • Robotics
    • 制御

    沼井 隆晃

    Takaaki Numai

    • アプリケーションスペシャリスト

    山口 敬太

    Keita Yamaguchi

    受賞歴:

    公益社団法人 発明協会 令和2年度関東地方発明表彰 発明奨励賞 受賞

    • アプリケーション
    • メッセージング技術

    北崎 恵凡

    Ayachika Kitazaki

    • セキュリティ
    • インシデントハンドリング

    松本 勝之

    Katsuyuki Matsumoto

    • セキュリティ
    • ネットワークセキュリティ

    日名子 聡志

    Satoshi Hinago

    • セキュリティ
    • フォレンジック

    深田 大介

    Daisuke Fukada

    • 無線インフラ
    • 標準化

    横田 大輔

    Daisuke Yokota

    受賞歴:

    平成29年度 一般社団法人 情報通信技術委員会 TTC会長表彰

    • 無線インフラ
    • 無線技術

    吉野 仁

    Hitoshi Yoshino

    受賞歴:

    令和元年度 第2回電子情報通信学会 最優秀論文賞を同時に受賞

    • 無線インフラ
    • 無線技術

    酒井 尚之

    Naoyuki Sakai

    • 無線インフラ
    • 無線技術

    安藤 高任

    Takato Ando

個人と会社の夢や
志の実現に向け行動するために、
互いの思いを共有し、
仲間と共に目標を達成できる人、

新しい時代を切り拓く集団で
自らの進化を目指していく人、

世の中を変えていくことに、
夢中になれる人を求めています。