1. ホーム
  2. 法人のお客さま
  3. AI・機械学習
  4. AI温度検知ソリューション「SenseThunder」

AI温度検知ソリューション「SenseThunder」

サーモグラフィカメラと顔認証の組み合わせでオフィスや施設での健康管理を強化

AI温度検知ソリューション

AI温度検知ソリューション「SenseThunder」とは

AIを活用した「独自の顔認証デバイス」と「サーモグラフィカメラ」の組み合わせにより、わずか0.5秒で個人認証と温度測定を同時に実施し、発熱の疑いのある人をリアルタイムに見分けます。企業の健康経営推進および感染症対策として、最先端のAIテクノロジーで入館管理を強化します。

利用イメージ

体表温、マスク着用有無、顔認証などのデータは、専用クラウドサービスまたはオンプレミスで管理できます。
  • ※1利用用途に合わせてBasic / Professionalプランのいずれかからご選択可能です。
  • SenseLink Cloudの代わりに、オンプレミスのほか、Amazon EC2、Alibaba ECSでのご利用も可能です。 詳しくはお問い合わせください。
  • 本製品は医療機器でありません。体温測定や診断目的での温度検知には、医療機器を使用して下さい。

設置例

入館ゲート連動、床置き、モニターに接続しての利用など、お客さま環境に合わせてさまざまな設置方法をご案内できます。
  • 「SenseThunder-Air」の機能となります。「SenseThunder- Mini」では外部出⼒利⽤ができません。

紹介動画

新規導入のご相談、サービス仕様のお問い合わせはこちら

推定温度とマスクの着用状態をわずか0.5秒かつ非接触で検知

分かりやすい画面表示でユーザーへ測定結果をリアルタイムにお知らせ

体温とマスクの着用状態を瞬時に検知
  • SenseThunder-Airの場合
    • 温度正常な場合:「正常な温度です。」と発話します
    • マスク非着用の場合:「マスクをつけてください」と発話します
    • 温度異常の場合:「ご注意ください。異常な温度です。」と発話します
    • 音量調整、音声ON/OFFの調整可能です
  • SenseThunder-Miniの場合
    • 音声なし、ブザーのみです
    • ブザーのON/OFF可能です

AIを用いた高精度な温度検知

顔認識AIと体温推定AIの組み合わせにより、サーモグラフィで測定した体表温から誤差±0.4℃で温度を推定可能

  • 測定点の特定

    測定点の特定

    AI顔認識技術により人の「額」の位置を特定
  • 体表温度の測定

    体表温度の測定

    AIが特定した額位置からサーモグラフィカメラで温度を推定
  • AIによる温度測定

    AIによる温度測定

    「体表温・体温・室温」の3種類のビッグデータにてディープランニングしたAIにより精度を向上

顔認証結果を活用した他システムとの連携利用イメージ

さまざまなシステムとの連携をし、感染リスク低下対策に大きな効果

  • 勤怠

    勤怠

    勤怠システムとの連携により出退勤データの自動登録を実現、勤怠の打刻や入力の手間が省けます。

  • 受付

    受付

    受付システムとの連携により、受付時に温度検知を行うことで、非接触且つ無人での受付も実現可能です。

  • ゲート

    ゲート

    写真一枚でスムーズな入退館を実現、また社員がICカードを紛失した際の再発行が不要となります。

  • 電気錠

    電気錠

    ドアの開錠をICカードや静脈認証などのように接触せず、顔認証でスムーズに開錠を実現します。

機能豊富な管理プラットフォーム SenseLink

利用用途に合わせて、クラウドとオンプレミスから管理プラットフォームをご選択可能です。

  • アラート機能

    アラート機能

    顔認証管理プラットフォームのTOP画面に「発熱リスク」をリアルタイムで警告表示
  • 認証履歴表示

    認証履歴表示

    管理プラットーフォーム上の履歴画面で検知時の「顔写真」「温度」の確認が可能
  • デバイス管理

    デバイス管理

    登録している各デバイスのステータス確認、設定変更などを一元管理

クラウド版管理プラットフォーム「SenseLink Cloud」

  • ソフトウェアのインストール不要、すぐにリモートでモニタリングが可能
  • セキュアなクラウド環境で安全・安心な情報管理を実現
  • 直感的なダッシュボードで認証履歴確認、ユーザー設定、複数デバイス管理、データ出力、API外部連携まで簡単
  • Basic、Professionalから選べるサブスクリプションプラン※1
  • ※1SenseLink Cloudは最低1年間のサブスクリプション契約が必要です。
  • オンプレミス、Amazon EC2、Alibaba ECSでご利用いただける、ソフトウェアタイプのSenseLinkも提供可能です。詳しくはお問い合わせください。

こんなシーンでお使いいただけます

  • テーマパーク 体調の優れないお客さまを入場前にケア

    テーマパーク

    体調の優れないお客さまを入場前にケア

  • オフィスや施設の受付 お客さまの温度検知とマスク着用確認

    オフィスや施設の受付

    お客さまの温度検知とマスク着用確認

  • イベント会場 入場ゲートに設置して来場者の温度検知実施

    イベント会場

    入場ゲートに設置して来場者の温度検知実施

  • 飲食店 接客・調理スタッフの体調管理

    飲食店

    接客・調理スタッフの体調管理

  • 小売店 お客さまやスタッフの健康チェック

    小売店

    お客さまやスタッフの健康チェック

  • ジム等の運動施設 チェックイン時に利用者の体温測定

    ジム等の運動施設

    チェックイン時に利用者の体温測定

  • 病院やクリニック 来院される方の温度検知とマスク着用徹底

    病院やクリニック

    来院される方の温度検知とマスク着用徹底

  • 保育園や学校 子どもたちや先生の毎日の温度検知と体調管理

    保育園や学校

    子どもたちや先生の毎日の温度検知と体調管理

  • 公共施設 役所、図書館、博物館などに入館する際の体温計測

    公共施設

    役所、図書館、博物館などに入館する際の体温計測

ハードウェア

名称 SenseThunder-Mini SenseThunder-Air
機器イメージ
SenseThunder-Mini
SenseThunder-Air
特長
  • 低コスト、小スペースで複数台での導入にもお勧め
  • ドアやゲートに設置し、従業員や作業者の発熱リスクの検知に最適
  • 遠距離(最大2.5m)かつ多人数(最大5名)の温度検知が可能
  • 高解像度(5万画素)のサーモセンサーの性能を最大限に活かし、最速0.05秒の温度検知を実現
  • 周辺機器の追加購入が必要なサーマルカメラに比べ、導入コストと手間を最小化
機器仕様 一般 画面サイズ 5.5 インチ 8 インチ
HDMI出力 -
温度検知 精度 ±0.4℃ ±0.4℃
温度測定点
(サーモセンサー画素数)
1万点 5万点
検知距離 最大1.2m 最大2.5m
検知速度 0.3秒 0.05秒
動作環境温度 17-30℃ 10-35℃
マスク着用時検知
複数人同時検知 - 最大5人
顔認証 精度 99%以上 99%以上
顔登録人数 20,000人 50,000人
生体検知
マスク検知
電源 ACアダプタ標準添付
  • 長さ1.6m(ロングスタンド利用時、余長約35cm)
  • 電源タップで延長可能(お客さまご用意)
  • オプション(別売)のPoEインジェクター+LANケーブル5mでも電源供給可
ACアダプタ標準添付
  • 長さ1.6m(ロングスタンド利用時、余長約35cm)
  • 電源タップで延長可能(お客さまご用意)
  • 電源延長ケーブル標準同梱(ロングスタンドのみ)
  • オプション(別売)のPoEインジェクター+LANケーブル5mでも電源供給可
セット内容 測定装置 SenseThunder-Mini SenseThunder-Air
台座付き専用スタンド
  • スタンドショート
  • スタンドロングセパレートタイプ
 いずれか
台座付き専用スタンド
専用ソフトウェア SenseLink Cloud
Basic または Professionalの2プランから選択
  • 1契約につき1テナント
オプション
  • 端末用電源部品(PoEインジェクター・LANケーブル)
  • ショートシャフト用台座(大)
  • 電源延長ケーブル
  • 標準同梱品は台座(小)
年間費用
(次年度以降)
管理ソフトウエアライセンス費用
(年間ライセンス)
カスタマーサポート(問い合わせ窓口)
(平日 10:00~17:00 メール)
ハードウエア保証
(センドバック修理)
ソフトウエアバージョンアップ権利
最小契約セット数 1セット
  • SenseThunderのご利用には、サブスクリプションプランのSenseLink Cloud /SenseLink(ソフトウェア)いずれかのご契約が必要です。

導入を検討されているお客さま向け資料

顔認証を活用した入退室管理ではじめるオフィス環境の改善とは?

顔認証を活用した入退室管理ではじめるオフィス環境の改善とは?

スマートフォンのロック解除や空港での出入国など、さまざまな場面で活用が進む顔認証ですが、非接触での認証が可能という点からオフィスや工場、学校での入退室管理に活用が進んでいます。本資料では、顔認証を活用した入退室管理のメリットやユースケースを紹介します。

AIを活用し、スピーディな顔認証と温度測定を実現 AI温度検知ソリューション「SenseThunder」

AIを活用し、スピーディな顔認証と温度測定を実現 AI温度検知ソリューション「SenseThunder」

いま、各事業者に従業員や顧客の健康状態の管理が強く求められています。
「AI温度検知ソリューション」はAIを活用し、非接触で発熱の疑いのある方を0.5秒以内に判別でき、オフィスや飲食店、病院、イベントなど幅広い業種・シーンで活用いただけるソリューションです。
機能の詳細や活用シーンをご紹介している資料をダウンロードし、貴社の業務のお役に立てるか、ぜひご検討ください。

AI温度検知ソリューション
「SenseThunder」に関するお問い合わせ

お問い合わせ

新規導入のご相談、サービス仕様のお問い合わせ