効果的なマーケティング活動のためのデータ分析 効果的なマーケティング活動のためのデータ分析
効果的なマーケティング活動のためのデータ分析
顧客理解を深めて新事業・新企画創出へ

マーケティング成果を上げるデータ分析

解像度の高い顧客理解やAIによる需要予測には、自社がもつ1st partyデータやさまざまなビッグデータを組み合わせて分析・活用することが効果的です。

自社のデータを分析・活用し、顧客理解を深める

消費者需要の高い商品やサービスを予測して在庫を最適化したり、適切なタイミングで販売をより促進するためにデータ分析は効果的です。別々のシステムや組織で管理され連携できていないサイロ化されたデータを、顧客をキーとして統合し、目的に応じたデータ活用を進めましょう。

おすすめ関連コンテンツ

おすすめウェビナー

ソフトバンクグループのデータで進化するマーケティングDX

3rd Party Cookieの利用が制限される中で、プライバシーを保護した上で高度な分析が可能なデータ基盤「データクリーンルーム」へのニーズが高まっています。ソフトバンクグループが描くマーケティングの未来をぜひご覧ください。

ブログ
LTV向上に必要な顧客データの活用方法とは

顧客と企業のタッチポイントが多様になるにつれて、顧客データが分散して収集され効果的に活用できない、という課題もあがっています。顧客満足度を低下させず、LTV向上につなげるためにはどうすればよいのか、解説します。

注目トピックス
Cookieレス時代のマーケティング活動はどうすればよい?

Cookie規制によるマーケティング活動への影響と、その解決の第一歩となる1st Partyデータの活用の重要性について解説します。

注目トピックス
顧客データの活用で売上を伸ばすためにマーケターが知っておくべきこととは?

オンライン・オフラインを問わず、顧客と企業のタッチポイントは多様化しています。タッチポイントだけでデータを管理・活用する「データのサイロ化」が引き起こす影響を解説します。

お客さま成功事例

データを活用した効果的なマーケティングを実現されたお客さまの事例をご紹介します。

株式会社協和さま データ活用事例

株式会社協和

ネットショップなどで取得した顧客のデータ管理とマーケティングへの活用のため、「Treasure Data CDP」を導入。データ基盤を整備したことでマーケティングに必要な情報だけを柔軟に抽出することが可能になりました。

他にもさまざまな企業で活用が進んでいます

条件に該当するページがございません

ソフトバンクがデータ分析による価値創出をご支援

ビッグデータは活用の仕方次第で新たな需要の発見や売上・利益の最大化につながります。
データという財産を使ったビジネスの発展をソフトバンクがご支援いたします。

AI需要予測による利益最大化

AI需要予測による利益最大化

顧客データ統合と1to1マーケティングによるLTV最大化

顧客データ統合と1to1マーケティングによるLTV最大化

すべてのソリューション

デジタル基盤は企業を加速する「コミュニケーションの変革」「オートメーションの効率化」「セキュリティの強化」「マーケティングのデジタル化」

全ての働く人々をもっと自由にする「Digital Tech First」ソリューション。テクノロジーを活用し働く場所や時間の不自由を解決。想像を超える新しい社会を実現するために、ソフトバンクは情報革命を推進します。

お問い合わせ

法人のお客さま向けサービスに関するお問い合わせ先や、よくあるご質問をご案内しています。