SD-CORE SD-CORE
SD-CORE
国内・海外拠点のデータ連携を強化

グローバルネットワークの構築を
サポートするSD-CORE

 

お客さまの業務上でSaaS利用が進むにつれ、個人情報や機密情報の管理が複雑、かつ多様化しており、アクセスする手段や経路の一元管理が求められています。ソフトバンクでは、グローバルで柔軟、且つセキュアにデータへアクセスするソリューションをご提供いたします。

ビジネス環境の変化に伴い、インフラ環境も変化

国内外に事業所を展開する企業は、拠点間を結ぶ企業ネットワークが必要不可欠です。迅速な情報連携やコミュニケーションを行う際に、ネットワークが遅いとなると業務に支障をきたしかねません。特に海外拠点の場合、可視化も難しく、改善を検討する上で現地訪問が必要になったりと工数およびコストも発生します。
また地政学的リスクの影響もあり、SaaS型アプリの活用も活発になっています。拠点間の連携だけでなくアプリの連携も踏まえて、柔軟で拡張性のあるインフラ基盤作りが必要となります。

ソフトバンクのSD-COREは、セキュリティ・クラウド・ネットワークの三位一体による「グローバル戦略を支えるITインフラ」をコンセプトに、お客さまに最適なインフラ環境をご提案いたします。

ビジネス環境の変化に伴い、インフラ環境も変化

東南アジアにスポットライトをあてて、技術的な論点だけでなく実際のユースケースも含めてネットワークインフラ事情について紹介します。

海外拠点とのデータ連携に求められること

安定した通信環境

安定した通信環境

3DCAD、MIB、VR、AR、CGなどコンテンツがリッチになるに伴い、扱うデータ量は増加します。一方、仕事の進め方は国と国の境界がなくなり、グローバルでの連携が当たり前になっているため、遅延のない安定したネットワーク環境の構築が必要です。

セキュリティの確保

セキュリティの確保

国内・海外の各拠点で機器を管理しているケースも多く、それぞれ異なるポリシーで運用し、セキュリティホールとなるケースが増加しています。情報漏えいはどこにいても重要なインシデントになるため、国内・海外問わず一貫したセキュリティ対策が必要です。

オンデマンドによる柔軟な設定

オンデマンドによる柔軟な設定

海外拠点でネットワークを敷設するとなると日本との違いに苦労することもあります。グローバルでのビジネス加速するためには、従来各国それぞれで保有し、拠点に任せていたシステムをグループで統一・共通化し、効率化を促進することが重要です。

ソフトバンクはお客さまの課題を一緒に解決します

グローバル展開していくには、必要な要件を詰めたうえで、適切なサービスを組み合わせていくことが求められています。
ソフトバンクは、お客さまの課題をヒアリングし、将来性も考慮した上で一番やりたいことを実現する方法をご提案します。
お客さまとともに伴走してビジネスをサポートいたします。

ソフトバンクはお客さまの課題を一緒に解決します

このような課題でお悩みの場合は、ぜひ一度ご相談ください

グローバル全体のインターネットセキュリティを日本で統合管理したい

海外拠点のネットワークが脆弱なため、リモートアクセス環境を整備したい

グローバルWANのトラフィック増加による帯域ひっ迫で困っている

新拠点を開設するが利用量が分からない。セキュリティ対策など将来を見越した計画が立てにくい

海外拠点とシームレスな連携を実現したユースケース

実際にソフトバンクが伴走し、国内・海外の拠点間連携を解決した具体的なユースケースをご紹介します。

ユースケース 1
グローバル展開に合わせてインフラを最適化

ユースケース01
課題

グローバルでのビジネス加速に向けてグローバル全体でMicrosoft 365を導入しコミュニケーションの活性化を促進することに。グループウェアだけでなく基幹システムの刷新も計画があるが、インターネットは海外拠点任せのため拠点間通信の帯域は細く、グローバルでのインフラ見直しがしたい。

解決方法

  1. クラウドによる共通基盤により海外拠点から国内への通信や基幹システムにもシームレスにアクセス
  2. 遠隔からできるインターネットアクセスのコントロールや柔軟なポリシー設定により、国内・海外を含めたセキュリティ管理を実現

関連サービス

Microsoft Azure
Azure Virtual WAN
Zscaler Internet Access (ZIA)
Zscaler Private Access (ZPA)


ユースケース 2
海外拠点のリモートアクセスの整備

ユースケース02

課題

海外現地法人で管理するVPN機器は二要素認証が設定されておらず、担当者もITに詳しくなく、管理はベンダー任せ。日本と同じセキュリティポリシーで海外も運用を行いたい。

解決方法

  1. クラウド利用により、低コストでリモートアクセスを実現
  2. 中国はAlibaba Cloud、それ以外の国はMicrosoft Azureでクラウド構築。柔軟な拠点追加、設計が可能に
  3. クラウドのリモートアクセスが利用できるようになり、急な人員増減にも対応可能
  4. 国内外でSD-WAN(TypeF)を使ってファイアウォールの管理を一元化

関連サービス

Microsoft Azure
Alibaba Cloud
SD-WAN(TypeF)


ユースケース 3
大容量データをグローバル拠点に転送

ユースケース03
課題

アメリカ・中国、それぞれで設計したデータを日本へ送りたい。2TB/日のデータ量があり従来のネットワークでは多くの時間がかかっていた。

解決方法

  1. WAN高速化機能でデータ同期速度向上。データ同期が7-8時間から20分へ短縮
  2. コアネットワーク、エッジ機器のトラフィック情報を同一ポータルで可視化
  3. エッジ機器の設定を遠隔で変更可能

関連製品

SD-CORE(aryaka)
Zscaler Internet Access (ZIA)

イベント・セミナー情報

グローバルを含めたインフラ環境の整備にお役立てください。

オンデマンド配信中
海外事業を展開する企業に求められるネットワークとセキュリティ

グローバルな環境での脅威とネットワーク環境を構築するために横断的・複合的な対策として何をするべきなのか。​​ソフトバンクが提供できるグローバルなネットワーク環境についてお伝えいたします。

オンデマンド配信中
【中国進出企業様向け】SASEで日中間をつなぐITインフラ整備

クラウドサービスの活用でIT環境を整え、 セキュアで高速かつ安定した日中間通信環境を構築する手法をご紹介します。

まずはお気軽にご相談ください

どんな小さな課題やお困りごとでも何でも遠慮なくご相談ください!