IoT活用

さまざまな業務に革新をもたらすIoTでビジネスの未来を拓きます

今後迎える5G時代において必須なビジネス課題であるIoT。働き方改革などさまざまな変革がある中でどのように進めていくべきなのか、どういった課題を解決していくのかを考える必要があります。ソフトバンクでは、通信事業者ならではのIoTサービスを提供し、さまざまな分野において今までのモデルではできない新しいサービスを実現します。

企業が直面する課題

  • 設備やサービスなどの見える化が
    できていない
  • 人の手では対応が難しい部分への
    システム導入ができていない
  • 旧態依然とした対応のみで
    新しいビジネスへの着手ができていない

実際にこんな課題が解決可能です

IoTで設備、機器を見える化、適切な状況把握を実現

  • 課題

    点検や整備が本当に必要な
    タイミングがわからない。

    各地に点在している設備、機械。今どういった状態で稼働しているのかが見えないので、適切なタイミングでのアプローチが難しい。一元管理で見える化できればいいのに・・・。

    解決

    IoTですべての設備などの情報を
    一元管理し適切な対応を実現

    点在している機器、大量に存在する機械にIoTを利用して、それぞれの状況を逐次集約することですべての機器・機械の見える化を実現。点検すべき適切なタイミングを見逃しません。

ソフトバンクが提供するソリューションはビル設備から農業分野まで

エレベーターやエスカレーター、自動販売機、発電機、空気清浄機、エンジン、ウォーターポンプ、MRI検査機器、農業機械など、どのようなモノであれ設備の価値は高く、利用者自身が修理を行うことはほとんどありません。利用者は製造メーカに対して、点検・整備などの保守を正しく行い、事故を未然に防止し、利用者との良好な関係と安全な利用環境を長期的に維持することを期待しています。

関連記事

プロセスの最適化はIoT導⼊で解決

  • 課題

    物流における出荷量管理や、
    ルーティン業務を最適化したい

    人の目で見ると出荷数や管理にどうしてもほころびが起こる。それにほぼルーティン化している事務的な業務もあり、IoTを使って何か解決できる問題はないか探している。

    解決

    輸送管理や車両追跡などで
    情報を一元化し見える化

    センサーでの把握や通信モジュールを利用することで、物流に関するさまざまな内容をデータ化し、一元管理することができます。これらを実現することで効率、最適化を実現します。

輸送管理、物流、車両追跡によるビジネスモデル改革

パレットにセンサーや通信モジュールを置くことにより、集積や位置など出荷の動きを共有するだけではなく、気象やトラフィック、平均速度などのデータも取り込むことができます。これにより、メーカはリセラーへ製品の到着時間を共有したり、不要な遅延を回避、製品品質を維持することが可能になります。さらに、出荷完了の通知とともに請求書を自動発行するなど、プロセスの一部を自動化することもできます。

IoTでリモート監視を強化

  • 課題

    警備員が入れない場所の監視や、
    追跡の実現はどうしたら?

    人が立ち入るのには危険だったり面積が広すぎて不効率な場所に警備員の配置はできない。しかしセキュリティの担保をする必要がある。何か効率的な方法はないか?

    解決

    機器での監視と人による監視を
    併用することで高度化を実現

    人が立ち入ることのできない場所や深夜の監視など、人が行うには難しい、コストがかかるなどの業務についてIoTを使った監視を導入することで稼働の最適化と作業の高度化を実現します。

IoTでリモート監視を強化して、人の稼働を最適化

大きな施設や危険が伴う施設に対し24時間365日、稼働状況やセキュリティのために人を配置し続けることは困難です。IoTソリューションを活用すれば、センサー機器などから監視カメラや警報器をリモートで起動し、電池残量や故障発生のモニタリングが可能となり、メンテナンスのコスト削減や業務フローの自動化も実現できます。

より高度な管理、支援をIoTにて実現

  • 課題

    訪問診療では多くの患者さんを
    フォローしきれない。

    患者さんのアフターケアや定期的な健康状態の確認など、患者さんのケアをしっかり行いたいものの医師の人数にも限りがあり、なかなか対応しきれない。

    解決

    遠隔で状態を把握、
    連携し、サービスの高度化を実現

    院外での生活において、センサーなどのIoTツールを利用し、遠隔で患者さんの健康状態や情報の共有などを実現します。

患者の健康状態を遠隔で確認、院内の連携も強化

医療におけるIoTは、患者やその家族、病院内において大きな変化をもたらします。例えば患者の健康状態を遠隔で確認できるので、必要なときに訪問診療を行ったり家族とのコミュニケーションを密にとることが可能になります。また、院内の情報共有を活性化し、より高品質なケアを行えることが期待されています。

あらゆるジャンルで電子決済を実現し解決

  • 課題

    店舗、タクシー、自動販売機など
    電子決済の導入を検討している

    現金のやり取りがない電子決済は利便性、安全性が高いと言われているが、通信手段も確保する必要がある。どのように導入することが最適なのか悩んでいる。

    解決

    店舗のみではなく、さまざまな用途で
    電子決済を実現します

    移動が伴うものや一時的な店舗など電子決済サービスを導入するには時間がかかっていた。これらをIoTを利用して容易に実現します。

ソフトバンクのIoTであらゆるジャンルに電子決済を

電子決済は国内のみならず、インバウンド対応という側面でも利便性があります。現金を使わないことで従業員が現金を運ぶリスクを抑え、運用の最適化にもなります。多様な決済方法の中、必ず問題になるのが決済情報の通信です。ソフトバンクでは、自社ネットワーク網を活用しタクシーなどの移動体でも電子決済が実現できるIoTソリューションのご提供が可能です。

関連記事