データマネジメント

ネットとリアルの連動が重要視される今、あらゆるデータを統合管理し
深い顧客理解に基づいたマーケティングがビジネスに貢献します。

インターネットとリアルを自在に行き来する現代の生活者。企業のマーケティング活動はデジタル抜きに語ることはできません。ソフトバンクは、お客さまが保有するデータの利活用を実現し、より深い顧客像をもとに、O2Oマーケティング、インバウンド向けプロモーション、インターネット広告など、さまざまなニーズに応じたソリューションで企業のデジタルマーケティングを支援します。

企業が直面する課題

インターネットとリアルの境界がなくなりはじめている現在、インターネットかリアルかどちらか一方のみの告知ではマーケティング効果の最大化は見込めません。自社を訪れるユーザの特性に応じて適切なマーケティング手法が求められます。

データ活用により
企業競争力を向上する必要があります

  • 顧客理解を深めるには、どのようなデータをどれくらい収集し、分析環境をどのように構築すべきかわからない。
  • 顧客との最適なコミュニケーションを実現するには、どのデータをどう分析・加工し、どういったタイミングでマーケティング施策を実施すべきかわからない。

マーケティング手法の改善により
ビジネスの貢献を高める必要があります

  • Webサイト上の集客だけでなく、店舗への集客も促したいが何をすべきかわからない。
  • 集客した顧客に継続利用してもらうためのロイヤリティや、自社のコスト削減およびマーケティングに利用するための情報整備などができていない。

What's "デジタル化" !? Why "データマネジメント" !?

デジタル化の対象は、企業体そのものであったり、ビジネスモデルであったり、製品・サービスだったりとさまざまですが、全社戦略に基づいて「全社的に」デジタル化(DX)に取り組んでいる企業の方が「一部部門において」もしくは「部署ごとに独自、個別に」という企業よりも、生産性向上、製品・サービスの高付加価値化や創出、ビジネスモデルや組織マインドの変革などにおいて成果が出ていると回答する割合が高くなっています。

参照:独立行政法人 情報処理推進機構「デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進に向けた企業とIT人材の実態調査」

顧客データの集約で成果、状況把握の問題を解決

課題
店舗、Web、アプリなどさまざまなところで
ユーザが何をしているか把握できない
ユーザにサービスを提供しているが、どんな人がいつどこで利用していて何を求めているかなどの情報をピンポイントでしか把握できていない。
解決
データを集約する基盤を導入することで
ユーザの一連の動きを可視化
ユーザ行動の可視化は、ロイヤルティ向上、マーケティングレベルの向上には欠かせません。それらを実現することが、成果の向上へとつながります。

インターネットを利用して実店舗への集客を促進

課題
オンラインとオフラインを結んで
集客の促進に注力したい
Webサイトから実店舗への集客を行いたいが、オンラインでの企画やクーポンの発行、来店プレゼントなど思いつくアイデアはコストも手間もかかる。何かよいソリューションはないだろうか。
解決
最適な手法を選択し
インターネットを使った集客を実現
インターネットでの集客手法にはさまざまなものがあります。集客したい顧客のニーズに応じたものを選択することで、大きな集客効果を発揮します。

顧客属性に合わせたインターネット広告を利用して集客を実現

課題
インターネット広告を出稿して、
自社Webサイトへの流入を増やしたい
自社Webサイトで商品を販売しているがサイトへのアクセス数に伸び悩んでいる。インターネット広告を出稿したいが、やり方がわからない。
解決
インターネット広告を効果的に
利用して集客を実現
顧客へのアプローチ手法は様々あります。広告効果はそれぞれに応じて異な り、最適なソリューションを選定することで効果を実現します。

インバウンド需要に対応した広告で集客率を向上

課題
年々増えるインバウンド対応、特にアジア人
観光客へのアプローチをどうしたら?
インバウンド、特にアジア系観光客が増えるなか、どうにかして集客につなげたい。何かよいプロモーションは打てないだろうか。
解決
インバウンドに対応した集客対応で
新たな需要発掘を実現
インバウンド需要への対応には、複数のアプローチがあります。お客さまのご要望に合ったプロモーションで集客を実現します。

旅行者のフェーズに合わせた広告プロモーション