1. ホーム
  2. 法人のお客さま
  3. ソリューション
  4. BCP(事業継続計画)強化

BCP(事業継続計画)強化

大規模災害時の事業継続性や情報資産の保全計画を徹底サポート

災害など緊急時の損害を最小限に抑え、いち早く事業を復旧・存続するためのBCP(事業継続計画)強化が企業に求められています。ソフトバンクは、BCP強化を目指すお客さまに、サーバの分散やシステムインフラの二重化、バックアップ強化などのソリューションを提供することで、災害時でも堅ろうな情報セキュリティ体制を構築します。

急務となっている事業継続への対策

さまざまな⼤規模災害が想定される⽇本において、BCP(事業継続計画)の構築は企業にとって重要な課題です。
災害時に必要な体制が整っていることで事業に対する影響を最⼩限に抑えることができます。
ソフトバンクはインフラだけでなくさまざまなサービスの提供を通して、情報資産の保全、災害時におけるリモートでの
業務環境の構築、安否確認など、お客さまの事業継続への取り組みを支援します。

企業が直⾯する課題

  • 障害時などにおける、情報資産の保全を考えた対策をとれていない
  • 災害時を想定した社員の業務環境が整っていない

災害時の情報資産の保全は分散化で解決

課題
一極集中している自社サーバ、もしもの場合に分散していないことが心配
地震などの自然災害や事故など、もしもの場合に事業がストップしてしまうのは大変なリスク。サーバの分散化や一部アウトソースすることでリスクを低減させたいが、コストも気になる。何かよいサービスはないか。
解決
サーバの分散やセキュアな接続環境の
構築で事業継続を実現
自然災害などの際には、インフラ環境のダメージなどさまざまな問題が発生します。企業として情報資産の保全や接続環境の用意は急務な課題です。

関連記事

通信手段、テレワーク環境が災害時の問題を解決

課題
災害が起きた際、出社が難しい状況でも
連絡手段は確保したい
災害時は、オフィスまでの交通機関がストップしていたりオフィス自体に立ち入れないこともあり得る。しかし、大事な得意先への連絡手段などは確保しておきたい。
解決
自宅などリモートでさまざまな対応ができる
業務環境を実現
さまざまな連絡手段、業務環境を用意することは企業にとって重要な災害対策です。用途に応じてどのような環境を準備する必要があるのかも含めて提案します。

関連記事