クラウドサイン クラウドサイン
クラウドサイン
クラウドで契約をかんたんにするサービス

クラウドサイン

初めてでも簡単に契約締結から契約書の管理までできる
クラウド型電子契約サービスで業務効率化を促進します。 
ただ今、電子帳簿保存法対応 応援キャンペーン実施中!

国内最大級の電子契約サービス「クラウドサイン」 

国内最大級の電子契約サービス「クラウドサイン」

クラウドサインとは?

弁護士監修のもと開発された、法的にも安心してご利用いただける電子契約サービスです。130万社以上で導入されており、累計送信件数は1,000万件を超えている、国内で圧倒的な利用実績を誇る電子契約サービスです。認知度も高くお取引さまも安心してご利用いただけます。

  • ※1 株式会社富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場2021年版」調べ
  • ※2 電子契約総合研究所調べ。調査方法は外部調査機関によるヒアリング及びアンケート調査による。 国内事業者から国内事業者(企業または個人)に対する電子契約送信とする
  • ※3 電子契約総合研究所調べ。調査方法は外部調査機関によるアンケート調査による

クラウドサインが選ばれる理由

業務スピード向上

業務スピード向上

契約書の郵送の手間や、印刷にかかる費用、大量な紙管理など、契約締結業務を電子化には業務効率化を実現。電子署名+認定スタンプでコンプライアンスやセキュリティの強化も見込まれます。

コスト削減

コスト削減

郵送や倉庫への保管、文書管理システムの導入など、紙の契約書にかかっていたさまざまな間接コストを削減することができます。

セキュリティ強化

セキュリティ強化

契約書を一元管理は全ての契約書を把握できます。契約更新や解約通知の抜け漏れを防止し、事業リスクの見える化を高めます。

簡単操作で安心

簡単操作で安心

初めてのご利用でも直感的に操作できるお客さま視点のユーザービリティ。APIをご利用いただくことで、各種サービスやシステムとの連携が可能です。

クラウドサインの特長

クラウド電子契約で、「紙の契約書」をなくして業務を効率化

クラウドサインは、契約締結から契約書管理まで可能なクラウド型の電子契約サービスです。
契約書を紙から電子に切り替えることでコスト削減や管理工数削減をすることができます。

クラウドサインなら、契約処理を3つのステップで

契約交渉済の契約書をアップロードし、相手方が承認するだけで契約締結が可能です。
書類の受信者はクラウドサインに登録する必要がありません。

契約書をアップロード

Step.1

契約書をアップロード

取引先に確認依頼メールが届く

Step.2

取引先に確認依頼メールが届く

取引先による押印

Step.3

取引先による押印

クラウドサイン契約作業の流れ

クラウドサインは高度なセキュリティで安心

暗号化通信

お客さまとクラウドサインとの通信は SSL/TLS で常に暗号化(256bit暗号化)。通信における盗聴や傍受、改ざんやなりすましのリスクに対応しております。

保存ファイルの暗号化

アップロードされたファイルは暗号化して保存されており(AES-GCMによる暗号化)、第三者によるデータの読み取りを防ぎます。

ファイアウォール

外部のネットワークからの攻撃や不正なアクセスからデータの機密を保護するために、ファイアウォールにより機密情報をインターネットから隔離して保管しています。

データ保存

毎日自動でバックアップすることにより、クラウドサイン上の大切な電子契約書を流出や紛失から守ります。

機密保持ポリシー

お客さまの同意を得たとき、または法令により要求される場合など、特定のごく限られた状況を除いて当社スタッフがお客さまの書類の内容やタイトル、取引先情報を閲覧することはございません。

アカウント保護

パスワード設定時に短いパスワードや推測されやすいパスワードが登録できないようパスワード強度のチェックを行っております。またパスワード認証に加えてスマートフォンアプリで発行されるワンタイムパスワードを用いた2要素認証を設定することが可能です。

IPアドレス制限

ビジネスプランをご選択のお客様は、特定のIPアドレスのみクラウドサインへのアクセスを許可することが可能です(複数IPアドレス設定可能)。第三者による不正利用を防ぐことができます。

ISO 27001取得

情報セキュリティマネジメントについての国際標準規格「ISO 27001(ISMS)」の認証を取得し、情報の機密性・完全性・可用性の維持、改善に取り組んでいます(2016年10月取得済み)。

クラウドサインを始めるなら今
「電子帳簿保存法対応 応援キャンペーン」実施中
期間:2022年7月1日〜2022年9月30日まで

期間内に利用開始いただくと、利用開始月から12ヵ月間の月額費用および書類送信料を特別価格にてご利用いただけます。

(税抜)
  Light Corporate Business Enterprise
月額固定費用 最初の1年間
10,000円/月
→8,600円/月
2年目以降 10,000円/月
最初の1年間
28,000円/月
→24,000円/月
2年目以降 28,000円/月
お問い合わせ
お問い合わせ
書類送信件数ごとの費用
(書類送信料)
最初の1年間 200円/月
→170円/月
2年目以降 200円/月
ユーザ数 無制限
機能

書類作成・送信
電子署名+タイムスタンプ
高度な認証リクエスト機能
テンプレート作成・管理
英語、中国語での契約締結

書類作成・送信
電子署名+タイムスタンプ
高度な認証リクエスト機能
テンプレート作成・管理
英語、中国語での契約締結
紙の書類インポート機能※1
監査ログ機能
Web API

書類作成・送信
電子署名+タイムスタンプ
高度な認証リクエスト機能
テンプレート作成・管理
英語、中国語での契約締結
紙の書類インポート機能※1
監査ログ機能
Web API
親展機能
承認権限設定
アカウント登録制限
IPアドレス制限
SSO(シングルサインオン)機能電話サポート、専任のカスタマーサクセス担当者

書類作成・送信
電子署名+タイムスタンプ
高度な認証リクエスト機能
テンプレート作成・管理
英語、中国語での契約締結
紙の書類インポート機能※1
監査ログ機能 
Web API※2
親展機能※2
承認権限設定
アカウント登録制限
IPアドレス制限
SSO(シングルサインオン)機能またはIdP連携アカウント管理機能(New)
電話サポート、専任のカスタマーサクセス担当者複数部署管理機能

  • ※110,000件まで無料。10,001件以降、10,000円/万件毎に書類保管費用が加算されます。
  • ※2順次リリース予定となります。

キャンペーン適用条件

  • 2022年7月1日〜2022年9月30日までにクラウドサインを新規利用開始いただいたお客様が対象となります。
  • 利用開始月から12ヵ月間の月額固定費用および書類送信料を特別価格にてご提供させていただきます。紙の書類インポートの利用料金やコンサルティングサービスなどのその他の費用は通常価格でのご提供となります。
  • 契約満了日の40日前までに解約のお申し出がない場合1年単位での自動更新となり、2年目以降は通常価格でのご利用となります。
  • 追加やプラン変更は対象外となります。

さらに詳しい資料をご用意しています

クラウドサインのご紹介

「導入メリット」や「便利で豊富な機能」「操作イメージ」を紹介しています。導入に向けた参考情報も掲載していますので、クラウドサインの概要を知りたい場合にご利用ください。

電子契約の始め方完全ガイド

「電子契約を社内導入するための手順」を掲載しております。導入ご検討の際にご利用ください。

自治体の実証結果
契約締結デジタル化でコストと工数削減

契約締結業務をデジタル化による「コスト・工数削減の効果」を福井県坂井市の実証実験結果を含めてご紹介します。

ウェビナー(オンラインセミナー)・イベント

仕事にすぐに活かせる情報、これからの働き方を考えるヒントが得られます。

ウェビナーアーカイブ動画

過去に実施したウェビナーを動画でご視聴(無料)いただけます。

 

ショップからのご案内

クラウドサインをショップでお試しください。

まずはお気軽にご相談ください

オンライン見積り・申し込み

お見積りの作成、お申し込みがWebサイトから可能です。

導入に関するお問い合わせ

クラウドサイン導入やサービス仕様に関するお問い合わせはこちら

ご契約後のお問い合わせ

クラウドサインの使い方に関するご質問・ご相談はこちら