ソフトバンクの国産クラウドサービス

ホワイトクラウド ASPIRE

オンプレミスとの互換性・接続性が高く、市場実績のあるVMware 製品ベースの国産クラウドサービスでお客さまのDXを推進いたします。

ホワイトクラウド ASPIREでビジネスのIT化を促進

ホワイトクラウド ASPIRE(アスパイア)は、SLA99.999%を誇るソフトバンクの国産クラウドです。
政府情報システムのためのセキュリティ評価制度 ISMAPに登録されており、
海外へのデータ流出や地政学リスクによるデータアクセス不可などが不安視されるなか、安心してご利用いただけます。
VMware 製品ベースのオンプレミスシステムと親和性の高いASPIREへクラウドリフトし、業務最適化・ビジネスのIT化を促進ましょう。

ASPIREが選ばれる理由

安心の国産クラウド

SLA 99.999%の高品質

海外へのデータ流出や地政学リスクによるデータアクセス不可などが不安視されるなか、ASPIREは国内データセンター上で稼働し、ソフトバンクにて国内運営しているため、安心してご利用いただけます。また、徹底した設備冗長と豊富な運用実績をほこる運用体制により、SLA99.999%を実現しています。

シンプルなネットワーク構成

キャリアネットワーク連携

ソフトバンクのネットワークやデータセンターサービスとダイレクトに連携することができます。閉域接続サービスを利用し、インターネットに接続しないクローズドなネットワーク構成も実現可能です。 

見える費用

見える費用

一般的な従量課金モデルの他に、月額固定の定額制モデルをご利用いただくことで、予算管理が容易です。また、データ転送料金はかからず、為替変動リスクもないため、クラウド破産の心配もありません。

かんたん移行

かんたん利用

CPUは1GHz、メモリ、ハードディスクは1GB単位で自由にサイジングでき、現在のネットワーク構成を含めてそのままかんたんにクラウド化できます。また、VMware 製品ベースのため運用方法もシンプルでオンプレミス環境と変わらずかんたんに利用できます。

マルチクラウド構成

マルチクラウド構成

オンプレミスからの移行はかんたん移行可能なASPIREにて実施、後に他社パブリッククラウドといった 複数のクラウドを活用したいというニーズにもソフトバンクでは柔軟に構築・運用支援が可能です。 さらにクラウド接続サービス「OnePort」を使えば、異なるクラウド間を閉域接続する事もできます。

お客さま導入事例

株式会社アシスト・ワン

安定性とオンプレミスからの移行しやすさを評価しSaaSのインフラにASPIREを継続採用

パーソルR&D株式会社

オンプレミスのサーバを「ホワイトクラウド ASPIRE」と「Microsoft Azure」へ移行。マルチクラウド化によるデータ保護の強化と、「MSPサービス」によるトータルなサポート体制を構築

長年培ったノウハウでクラウド活用をサポート

2008年より国産クラウドの初期サービスを提供開始、多くのお客さまに5年以上ご利用いただいています。
「強力なVMware とのパートナーシップ」と「クラウドサービスの提案・運用実績」でお客さまのクラウド環境の利用促進をサポートします。

ASPIREの歴史

関連資料

ホワイトクラウド ASPIREを詳しくご紹介

従業員の利便性や業務の効率を向上し、管理者の運用工数も大幅に圧縮できる国産クラウドサービスのホワイトクラウド ASPIREにでインフラ基盤をクラウド化しましょう。

国産クラウドの活用メリット

セキュリティが高く、日本企業に合わせた柔軟な対応ができる国産クラウドついて、メガクラウドとの比較を含めてご紹介します。

プライベートクラウド サービスパンフレット

高性能なストレージをはじめとする、提供機器すべてがお客さま専有設備として利用できるプライベートクラウドについてご紹介します。

ホワイトクラウド ASPIRE 移行ガイド

運用中のシステムにほとんど手を加えずにクラウド移行を成功させる方法、ポイントについて解説します。

ASPIRE テクノロジーブログ

条件に該当するページがございません

まずはお気軽にご相談ください

見積シミュレーション

ASPIREの利用料金を簡単に試算することができます。お見積結果はPDFかCSV形式でダウンロード可能です。

お試し利用

無料でASPIREをお試しすることができます。「お試し利用」を選択の上、お問い合わせください。

お問い合わせ

新規導入のご相談、サービス仕様についてはこちらからお問い合わせください。