1. ホーム
  2. 法人のお客さま
  3. クラウド
  4. IaaS
  5. ホワイトクラウド ASPIRE
ソフトバンクの国産クラウド

ホワイトクラウド ASPIRE

SLA99.999%を誇る国産クラウドの柔軟な基盤で企業のデジタルトランスフォーメンションをサポートいたします。

NEWS

サービスラインナップ

ホワイトクラウド ASPIREではパブリック型とプライベート型を用意しています。

ASPIREにおけるパブリック型とプライベート型の違い

  パブリック型 プライベート型
特長 安価で手軽に使えるIaaS 機器専有型IaaS
導入スピード 早い オンプレミスより早い
導入コスト 初期費用は安価月額制と従量制から選択可能 初期費用は安価月額制で利用できる
お客さま運用負荷 インフラの運用・管理は事業者に任せられる インフラの運用・管理は事業者に任せられる
セキュリティ 事業者のセキュリティポリシーによる 独自のセキュリティ要件を満たす設計が可能
柔軟性 サーバ作成の自由度は高いが内容によってはサービス提供外となることもある 専有環境のためカスタマイズも自由自在
利用ユーザ層 個人~大企業向け 大企業向け

クラウド環境のご導入検討をされているお客さま向け資料

ホワイトクラウド ASPIREを詳しくご紹介!

ホワイトクラウド ASPIRE(アスパイア)は、
SLA99.999%を誇る国産クラウドサービスです。インフラ基盤をクラウド化することで、ユーザの利便性や業務の効率を向上させるとともに管理者側での運用工数も大幅な圧縮が可能!
業務毎に最適なマシン性能を、柔軟かつ細かく設定することもできます。

ホワイトクラウド ASPIRE 移行ガイド公開中!

「ホワイトクラウド ASPIRE」なら現在運用中のシステムにほとんど手を加えずにクラウド移行を実現する事が可能です。
本資料では、クラウドへの移行を成功させる方法、ポイントについて解説します。

Point.1 SLA99.999%を誇るソフトバンクの国産クラウド

  • SLA99.999%は月間のダウンタイム許容時間がたったの「25秒」
  • SLAは“標準”で冗長構成のネットワークと全仮想マシンを対象(複雑な条件なし)
1ヵ月のダウンタイム許容時間がこんなに違います!
  • クラウドサービスだけでなくネットワークサービスも含め日本語でワンストップサポートを提供
  • ソフトバンクの強みであるセキュアなネットワークサービスをはじめ、データセンター・マネージドサービスなど多様なサービスとの連携を実現
ホワイトクラウド ASPIREの特長

組合わせするソフトバンク提供サービス

Point.2 オンプレミスからの簡単な移行を実現

  • VMware vSphere®基盤を採用し、オンプレミスからの簡単な移行を実現

    VMware基盤を採用し、オンプレミスからの簡単な移行を実現
  • 自由なネットワーク設計が可能なため、構成を変えずにそのままクラウド化

    自由なネットワーク設計が可能なため、構成を変えずにそのままクラウド化
  • クラウド化できないIT資産は、コロケーションサービスとASPIREを併用可能

    解決策

Point.3 利用用途で選べる豊富なメニュー

  • 「月額制」にて自由にVMを作成いただけるメニューと、利用時間に応じた「従量制」のメニューを提供
  • 仮想マシン作成後も「月額制」「従量制」の課金メニュー変更が可能
  • 仮想マシンはお好きなサイズで作成可能(ハイスペックCPU、ハイメモリの仮想マシンなど自由に作成)
自由自在で柔軟なサービスメニュー
  • 「月額制」「従量制」は「ホワイトクラウド ASPIRE」のみ対応しています。「ホワイトクラウド ASPIRE プライベートクラウド」は「月額制」のみとなります

導入事例

ホワイトクラウド ASPIREの提供領域

ホワイトクラウド ASPIRE(アスパイア)は、IaaS(イアース、アイアース)です。
IaaSとはInfrastructure as a Serviceの略称で、仮想化されたインフラを利用出来るサービスを意味します。
IaaSサービスでお客さまが利用できるインフラは、CPU、メモリ、OS、ストレージ、ネットワークといったコンピュータの基盤です。ASPIREではこれらのインフラを、ソフトバンクのデータセンター内に保有しており、お客さまに提供しています。

ホワイトクラウド ASPIREが提供する領域

情報サイト

お問い合わせ

  • 「お試し利用」と「見積シミュレーション」は「ホワイトクラウド ASPIRE プライベートクラウド」には対応していません。

ご利用ガイド

ホワイトクラウド ASPIREの使い方をわかりやすくご紹介。はじめての方は、まずはこちらをご確認ください。

障害・メンテナンス情報

本サービスの障害情報およびメンテナンス情報を確認できます。

  • 契約者のみログイン可