iTunes に保存されているアプリケーションを iPhone に追加・上書きする(Windows® での操作方法)

iTunes にあるアプリケーションを iPhone、iPad へ転送する操作方法についてご案内いたします。

当ページでは、Windows® での操作方法をご案内しております。
Mac OS ご利用の方は、Mac OS の操作方法をご確認ください。

事前にご確認ください

  1. 操作完了にはご利用のパソコン環境により、20分以上お時間がかかる場合があります。
  2. ご準備いただくパソコンの対応環境は以下となります。
    Windows® 7以降

    注意事項

    対応していないOSをご利用の場合、データ消失やエラーが発生する場合がございます。

  3. 当ページでは iTunes 12 での操作手順をご案内しています。
    以前のバージョンをお使いの場合、画面推移や操作(動作)が異なることがあります。
    以前のバージョンをお使いの場合には、事前にアップデートを行ってください。
    • iTunes がインストールされていない場合には、インストールを行ってください。
  4. 転送をすると iPhone、iPad 内のデータがパソコン内のデータに上書きされます。
    操作の前にデータのバックアップをお勧めします。
  5. iTunes がインストールされたパソコンからインターネットへ接続できることを確認してください。
  6. アプリケーションの転送は以下の流れで操作を行ってください。
    1. iPhone、iPad とパソコンをつなぐ前に設定を確認する
    2. iTunes に保存されているアプリケーションを iPhone、iPad に追加・上書きする

1.iPhone、iPad とパソコンをつなぐ前に設定を確認する手順

パソコンの設定によっては、iPhone、iPad をパソコンに接続すると同時に iTunes が起動します。
その際、iTunes の「自動同期」の設定が有効になっていると iPhone、iPad との同期が自動的に開始し、データが消えたり重複する可能性があります。
iPhone、iPad とパソコンを接続する前に、「自動同期」の設定が停止になっているかを必ず確認してください。

ステップ 1

「iTunes」を起動し、「編集」を選択します。

「iTunes」を起動し、「編集」を選択します。

ステップ 2

「設定」を選択します。

「設定」を選択します。

ステップ 3

表示された設定画面にある、「デバイス」を選択します。

表示された設定画面にある、「デバイス」を選択します。

ステップ 4

「iPod、iPhone、および iPad を自動的に同期しない」にチェックを入れ「OK」を選択します。

「iPod、iPhone、および iPad を自動的に同期しない」にチェックを入れ「OK」を選択します。

2.iTunes に保存されているアプリケーションを iPhone、iPad に追加・上書きする手順

ステップ 1

付属のUSBケーブルで接続し、端末アイコン を選択します。

付属のUSBケーブルで接続し、端末アイコンを選択します。

ステップ 2

「App」を選択します。

「App」を選択します。

ステップ 3

アプリケーションの追加・削除設定を行います。

アプリケーションの追加・削除設定を行います。

  • インストール
    選択すると「インストールする」に変わり、iPhone(iPad)にアプリケーションが保存されます。
  • 削除
    選択すると「削除する」に表示が変わり、iPhone(iPad)からアプリケーションが削除されます。
  • 更新
    選択すると「更新する」に表示が変わり、iPhone(iPad)のアプリケーションが更新されます。

ステップ 4

「適用」もしくは「同期」を選択します。

「適用」もしくは「同期」を選択します。

  • 「適用」もしくは「同期」を選択するまで、設定した内容は実行されません。

ステップ 5

同期が開始されます。

同期が開始されます。

ステップ 6

Apple マークが表示されたら同期完了です。

Apple マークが表示されたら同期完了です。