プレスリリース 2017年

法人向けに「通話録音サービス」を提供開始

2017年4月17日
ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社は、携帯電話の通話内容が録音できる法人向けサービス「通話録音サービス」を、2017年4月17日より提供開始します。

「通話録音サービス」は、金融業界などの商取引通話におけるコンプライアンス対策や、顧客対応の品質向上を目的に、通話内容の録音を希望する法人向けのサービスです。本サービスに契約した“ソフトバンク”の携帯電話で発着信した通話内容は、お客さまが指定したサーバーに自動的に送信されます。

「通話録音サービス」概要

1. 特長

  • (1)
    本サービスに契約した“ソフトバンク”の携帯電話で発着信した通話内容を、2種類の方式で受け取ることができます。当社の通信ネットワークで音声ファイルに変換し、お客さまの保存サーバーに送信する「ファイル送信型」方式と、お客さまが指定した録音サーバーに通話内容をリアルタイムに送信する「音声送信型」方式のいずれかを選ぶことができます。「音声送信型」方式は多くの海外企業が採用しており、日本でも同様の方式を導入することができます。
  • (2)
    「通話録音サービス」の利用にあたり、特定のアプリケーションのインストールや、発信時にプレフィックス番号(電話番号の頭に付ける特定番号)を入力するなどの特別な操作は必要なく、自動的に録音されます。

2. 提供開始日

2017年4月17日

3. 対象

法人契約の“ソフトバンク”の携帯電話

[注]

4. 料金

  • (1)
    初期費用

    ネットワーク登録料 10,000円/接続

  • (2)
    月額費用

    ネットワーク利用料 10,000円/接続
    通話録音サービス利用料 400円/携帯電話回線

[注]
  • ネットワーク登録料およびネットワーク利用料に記載の「接続」とは、アクセス回線単位ではなく、「SmartVPN」単位での「通話録音サービス」への接続です。
  • ご利用には別途通話料がかかります。また、お客さまに用意していただく通話内容を受信、管理、聴くためのサーバーなどの費用がかかります。

「通話録音サービス」の通話内容の送信イメージ

「通話録音サービス」の通話内容の送信イメージ

  • 本サービス契約回線の発着信の通話は全て録音、保存されます(緊急通報や国際ローミング通話など一部通話は録音対象外)。
  • 本サービス契約回線の発着信時には、契約回線および通話先に通話録音に関するガイダンスが流れます。
  • 通話内容の録音、保存は、「ファイル送信型」と「音声送信型」の2つの方式から選べます。
[注]
  • 当社では通話内容を保存しません。お客さまが指定したサーバーが受信した後に削除します。

「通話録音サービス」のそのほかの詳細はこちらからご覧ください。

[注]
  • 表示価格は税抜きです。
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。