プレスリリース 2017年

藤枝市とソフトバンクがIoTプラットフォームを
利用した実証実験を実施~実証実験を行うサービス事業者の募集を藤枝市が開始~

2017年4月11日
藤枝市
ソフトバンク株式会社

藤枝市(市長:北村 正平)とソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:宮内 謙、以下「ソフトバンク」)は、2016年6月1日付で両者が締結した包括連携協定に基づき、LPWA(Low Power Wide Area)ネットワークを活用したIoTプラットフォームを構築し、それを利用した実証実験を2017年8月から実施します。また、そのIoTプラットフォームを利用して実証実験を行うサービス事業者の募集を、藤枝市が2017年4月10日から開始しましたのでお知らせします。

IoTプラットフォーム構築の概要および藤枝市とソフトバンクが実施する実証実験内容

1. 概要

  • LPWAネットワークを活用したIoTサービス向けのインフラおよびプラットフォームを、藤枝市内の広域で構築し、実証実験を実施
  • LPWAネットワークで実現する低コスト・低消費電力の通信インフラをシームレスにつなぐプラットフォームとして、他のサービス事業者も利用可能なエコシステム型のIoTプラットフォームを提供

2. 実証実験内容

  • 子どもの見守りシステム(位置情報検索や登下校確認)などを構築予定(2017年度提供開始)
  • センシング技術のネットワーク化による新たなIoTビジネスモデルの検証

3. イメージ図

IoTプラットフォーム実証実験イメージ図

サービス事業者募集

1. 概要

  • IoTプラットフォームの最大活用を目的に、藤枝市とソフトバンクはLPWAネットワークを利用した実証実験のフィールドを、国内の事業者に向けて提供します。実証実験は2017年8月から開始し、提供期間は3年間を予定しています。
  • 実証実験では、ソフトバンクが提供するLPWAネットワークの環境を利用していただきます。

2. 募集内容

  • 下記の2つのテーマで募集します。(4月10日から一般公募型の募集を開始)
    一般公募型 応募者が自由に設定するコンセプトサービスの実証実験
    テーマ型 藤枝市が指定する、主に公共に資するサービスの実証実験
  • サービス事業者は開発着手から半年間無償で利用できるものとし、その後は別途利用料が発生します。

3. サービス事業者向け説明会

  • 藤枝市と東京都港区の2カ所で、応募を検討されているサービス事業者向けの説明会を開催します。
    4月19日(水)午後2時~ 藤枝市立駅南図書館(藤枝市前島1-7-10 BiVi藤枝3階)
    4月25日(火)午後1時~ ソフトバンク本社(東京都港区東新橋1-9-1 東京汐留ビルディング)
    4月25日(火)午後3時半~ ソフトバンク本社(東京都港区東新橋1-9-1 東京汐留ビルディング)

4. 公募詳細

以上

  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。