プレスリリース 2017年

「第2回 SoftBank Innovation Program」
の選考結果を発表~3社と協業、3つの案件でテストマーケティングを実施~

2017年4月7日
ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)は、2016年8月から開始した「第2回 SoftBank Innovation Program(ソフトバンクイノベーションプログラム)」の選考で、国内の企業3社と協業し、3つの案件でテストマーケティングを実施して、商用化を検討することになりましたのでお知らせします。

「SoftBank Innovation Program」は、革新的なソリューションや技術を持つ企業とソフトバンクのリソースを組み合わせて、新たな価値の創出を目指す取り組みです※1。第2回は「スマートホーム※2」「コネクテッド・ビークル※3」「ヘルスケア」「フィンテック※4」「VR(仮想現実)/AR(拡張現実)/MR(複合現実)」「ドローン」の6つのテーマで募集しました。ソフトバンクは、応募総数167件の中から、いずれも「ドローン」のテーマで3つの案件を選考し、商用化を検討します。

ソフトバンクは「SoftBank Innovation Program」を通して、世界中の企業と共に新たな価値の創出を追求していきます。

[注]
  • ※1
    詳細はSoftBank Innovation Program公式サイトをご覧ください。
  • ※2
    家電製品や設備機器などをインターネットと接続して制御する住居
  • ※3
    インターネットと常時接続している自動車
  • ※4
    IT技術を活用した金融サービス

テストマーケティングの実施で協業する企業の概要

テラドローン株式会社(本社:東京都渋谷区)

国内初のドローンの自動運行管理システムプラットフォームを提供

URL http://www.terra-drone.net

Rapyuta Robotics株式会社(本社:東京都中央区)

チューリッヒ工科大学出身者を中心に構成された開発チームによる、最先端の制御技術および人工知能技術を活用した次世代クラウド ロボティクス プラットフォームを提供

URL http://www.rapyuta-robotics.com

株式会社オプティム(本社:東京都港区)

地方自治体・教育機関と共にIoT・AIを活用した最新のIT農業に取り組み、経済効果を予測して、その予測を最大限発揮するための新型ドローン・ロボットを開発

URL http://www.optim.co.jp

テストマーケティングを実施する案件の概要

テーマ 企業名 概要
ドローン テラドローン株式会社
  • ① 【ドローン×管制システム】

    移動通信を活用したドローン管制システムの提供

Rapyuta Robotics株式会社
  • ② 【ドローン×クラウドサービス】

    クラウド ロボティクス プラットフォームを活用したドローンの自律制御および自動充電サービスの提供

株式会社オプティム
  • ③ 【ドローン×AI×農業】

    農業生産の効率性向上のためのデータ分析および分析用プラットフォームの提供

以上

  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。