プレスリリース 2017年

厚生労働大臣より、
子育てサポート優良企業として「プラチナくるみん」、
女性活躍推進企業として「えるぼし」の認定を取得

2017年3月16日
ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社は、このたび厚生労働大臣より、子育てサポートの優良企業として「プラチナくるみん※1」の認定と、女性活躍推進企業として「えるぼし」(認定段階2※2)の認定を受けたことをお知らせします。

「プラチナくるみん」認定マーク/「えるぼし」認定マーク(認定段階2)

「プラチナくるみん」認定について

「プラチナくるみん」認定制度は、2015年4月施行の改正次世代法によって創設され、「子育てサポート企業」として厚生労働大臣の認定(くるみん認定)を受けた企業のうち、より高い水準の取り組みを行った企業が、認定を受けられる制度です。

「プラチナくるみん」認定に関連したソフトバンクの主な取り組み

1. 男性の育児に関する休暇・休業取得促進のため、制度の周知や情報提供

社内の男性育児ロールモデルを紹介する「育メンインタビュー」の社内イントラ掲載や、「育児支援メルマガ」の配信を通じて、男性向けに制度の認知向上に取り組みました。

2. 育児中社員が働きやすい環境をつくるため、管理職の意識向上に向けた施策の実施

イクボス企業同盟への加盟に伴い、管理職向けのイクボスセミナーを実施しました。また管理職向けガイドブック配信による制度理解と意識向上に取り組みました。

3. 育児休業中オリエンテーションの開催

育児休業中の社員とその子どもが一緒に参加できるオリエンテーションを開催し、会社とのつながりを感じ、復職に向けた不安払しょくと準備ができる機会としています。

4. 育児・介護中社員への在宅勤務制度の導入

時間に制約のある育児・介護中社員に対し、週1回利用可能な在宅勤務制度を導入することにより、効率的な時間活用を促進して、成果の最大化に取り組みました。なお、今後は働き方改革推進の一環として、対象者の範囲と回数の拡充を予定しています。

5. 育児のための短時間勤務制度を小学校6年生まで延長

学童保育が利用できなくなる、いわゆる「小4の壁」への対応として、従来「小学校3年生」までとしていた短時間勤務の利用期限を「小学校6年生」まで延長しました。

「えるぼし」認定段階2の取得について

「えるぼし」は女性活躍推進法に基づき行動計画の策定・届出を行った企業のうち、女性の活躍に関する取り組みの実施状況が優良な企業について、厚生労働大臣から認定を受けることができる制度です。5つの評価項目(「採用」「継続就業」「労働時間等の働き方」「管理職比率」「多様なキャリアコース」)において、4つの基準を満たしたため、「えるぼし」の認定段階2の認定を取得しました。

「えるぼし」認定に関連したソフトバンクの主な取り組み

1. 採用イベント

若者たち、特に若い女性に安心して仕事と子育てを両立するイメージを持ってもらうことを目的とし、「家族留学」という機会を提供している団体であるmanma(代表:新居 日南恵、http://manma.co)と合同で2017年2月に大学生向けイベントを開催しました。イベントではソフトバンクの事業や家庭との両立を支える制度の説明、子育て中の社員宅への家族留学体験エピソード紹介や座談会を行いました。

2. エイジョカレッジ

「営業で女性がさらに活躍するための提言」に向けた、異業種交流型の女性営業職活躍推進プロジェクト「新世代エイジョカレッジ」に参画しています。2017年2月に行われた「新世代エイジョカレッジ・サミット」では、15社31チームが取り組んできた「労働生産性向上」をテーマとした実証実験において、ソフトバンクチームは「ITを活用したワークスタイル変革と、採用時や入社後のエイジョイメージ向上」に関連した実験を行い、ファイナリストに選出されました。

3. キャリアカレッジ

2015年より、社員の自律的なキャリア形成や制度活用を目的とした定期イベント「キャリアカレッジ」において、女性社員のロールモデルによるパネルディスカッションを開催しています。多様な職種や領域におけるキャリアのあり方や、育児や介護などのライフイベントとの両立について、ロールモデル社員からの話をきっかけとし、自分のキャリアに向き合う機会を提供しています。

4. 女性向けキャリア研修

ソフトバンク独自のプログラムである「ライフ・キャリアビジョン研修」を開発し、2017年度下期からの開催にむけて準備をしています。変化の激しい環境の中で、仕事に加え、家庭での役割、社会活動、個人としての自己実現を含めた広義の「キャリア」について、一人一人のビジョンを作っていくことを通じて、セルフリーダーシップを育むことを目的としています。

ソフトバンクは今後も成長し続ける企業を実現するため、個人と組織の可能性が最大限に引き出され、より多様な人材が仕事と家庭を両立しながら挑戦・活躍できる企業を目指します。

[注]
  • ※1
    「くるみん」認定制度には「くるみん」と「プラチナくるみん」の二種類の認定があります。
  • ※2
    「えるぼし」認定制度には、評価項目を満たす項目数に応じて3段階の認定段階があります。
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。