迷惑行為・事故を防ぐ

携帯電話やスマートフォンを正しく利用するために

ソフトバンク株式会社

ソフトバンクでは、子どもだけではなく携帯電話やスマートフォンを利用している皆さまへ、正しくご利用いただくためのマナー・ルールの呼び掛けを行っています。

ご利用上の注意事項 携帯電話やスマートフォンを取り扱う際の注意点をまとめています。
携帯電話ご使用上の注意事項を確認する(ソフトバンク株式会社)
ケータイマナー 映画館や美術館など多くの人が集まる場所では、通話は周囲の迷惑となったり、操作しながらの歩行が思わぬ事故につながる危険があります。いつでもどこでも使える携帯電話だからこそ、場所をわきまえたマナーを心掛けてください。
事故防止のために
ケータイマナー(ソフトバンク株式会社)
撮影ルール カメラ付きの携帯電話を使って、書店で雑誌などの記事を撮影することはルール違反となります。便利で手軽なカメラ機能ですが、さまざまな場面で社会問題となっていますのでご注意ください。
撮影ルール(ソフトバンク株式会社)
振り込め詐欺や架空請求メールへの対応 なりすましメールや架空請求メール、チェーンメールなどの迷惑行為やトラブルへの対処法などを説明しています。まずは慌てず、自分自身が被害者・加害者にならないよう冷静に対応してください。
振り込め詐欺や架空請求メールなどがきたとき(ソフトバンク株式会社)

事故防止のために

ソフトバンク株式会社

歩きスマホ(スマートフォンの画面を見つめながらの歩行)による事故防止のため、スマートフォンの画面を見ながら歩行すると警告画面を表示するアプリケーション「STOP歩きスマホ」を提供しています。

歩きスマホは操作している本人に転倒や転落などの事故を招くだけでなく、周辺の通行者との接触事故にもつながる危険な行為です。ソフトバンク株式会社は、今後も歩きスマホの危険性を周知し、より安全にスマートフォンをご利用いただくための取り組みを行っていきます。

迷惑行為防止の取り組み

ソフトバンク株式会社

迷惑メール対策

携帯電話やスマートフォンに突然送られてくる迷惑メールや架空請求メールなどの悪質メールを防ぐため、蓄積されたスパム(迷惑メール)データベースをもとにメールの内容を機械的に判断し、スパムと判断されたメールの受信をブロックする迷惑メールフィルター標準を初期設定で提供しています。また、2010年11月には、特定のアドレスやドメインなどからのメールの受信許可・拒否設定可能件数を、大幅に拡大しました。

お客さまへは、受信された迷惑メールを転送いただくだけでご申告いただける迷惑メールの申告窓口を開設しており、“ソフトバンク”携帯電話から迷惑メール送信が確認された場合は、利用停止や契約解除などの厳しい措置を実施しています。

セキュリティ対策

ウイルスの脅威からスマートフォンを守る

「スマートセキュリティ powered by McAfee®」をインストールすることで、お客さまのスマートフォンをウイルス被害から守ります。インストールしたアプリケーション、メール添付ファイル、microSDメモリカードを通して侵入するウイルスを検出します。

[注]
  • ※1
    スマートフォン基本パックにご加入されている方は、申し込み不要です。

ワンクリック詐欺サイトの対策

ワンクリック詐欺サイトなどの脅威からスマートフォンを守る

インターネット利用時に、ワンクリック詐欺などの危険なサイトを検知します。閲覧するWEBサイトを常に監視して、危険の疑いのあるサイトにアクセスすると警告画面を表示します。

[注]
  • ※1
    スマートフォン基本パックもしくはスマートセキュリティ powered byMcAfee™にご加入されている方のみ利用可能です。

BBセキュリティ

万全のトラブル対策で安心のインターネット生活を送る

BBセキュリティは月額利用料金でセキュリティソフトウエアが利用でき、期限切れになることなく継続的に安全なセキュリティ環境を維持できるYahoo! BBをご利用のお客さま向けサービスです。1ライセンスの契約で3台のパソコンに導入することが可能で、電子メールでの最新版への無料アップデートや利用状況案内などのサポートを受けることができます。

ヤフー株式会社

ログインアラート

不正に取得されたIDなどによる犯罪を防止する

フィッシング※1や不正に取得されたIDなどによる犯罪を防止するため、技術と制度の両面から対策を行い、安全の確立に取り組んでいます。「ログインアラート」は、Yahoo! JAPAN IDへのログインがあったことをメールでお知らせする機能で、第三者によるログインが行われた可能性を素早く察知することができます。また、ログイン履歴の表示機能によって、第三者による不正操作がなかったかをお客さまご自身で確認いただけます。さらに、ログイン画面に「ログインテーマ」(目印となる文字や画像)を設定することで、お客さまのパソコン専用のログイン画面を作成でき、フィッシングの危険の回避に役立っています。

また「Yahoo!ツールバー」では、WEBサイトの構成を自動的に認識し、「Yahoo! JAPANをかたる偽ページ」と判断した場合、警告メッセージを表示する機能も提供しています。

[注]
  • ※1
    偽のログイン画面を表示するなどして個人情報を詐取する行為。

ソフトバンク株式会社

迷惑行為への対応

インターネット接続サービス(Yahoo! BB、ODN、SpinNet)をご利用の一部のお客さまによるウイルス拡散や迷惑メール・掲示板での不適切な書き込みなど、ネット上の迷惑行為に関する被害連絡を受け付け、迅速に対応しています。インターネット上の違法・有害情報や権利侵害情報の発信元としてYahoo! BB、ODN、SpinNetのサービスが利用されていた場合は、関連法令や関連ガイドラインにのっとり、早急に適切な措置を施しています。

迷惑電話からの着信を自動警告して振り込め詐欺などの被害を防止

トビラシステムズ株式会社と提携して神奈川県と協定を締結し、神奈川県内で「迷惑電話チェッカー<WX07A>」(以下「迷惑電話チェッカー」)のモニター利用を実施しています。

迷惑電話チェッカーは自宅の固定電話回線に設置すると、振り込め詐欺や勧誘電話などの悪質な迷惑電話からの着信を光と音声で自動警告するので、振り込め詐欺などの被害防止に役立ちます。また、“ワイモバイル”の携帯電話向けに同様のサービスを提供するオプションサービス「モバイル迷惑電話チェッカー」も提供しています。

トビラシステムズの提供する迷惑電話番号情報は、2014年12月時点で既に2万6,000件以上が登録されており、実証実験では、1カ月間に800回以上、犯罪に使用された可能性のある番号からの電話をブロックしました。今後もユーザー同士で迷惑電話情報を共有することにより、さらに番号情報が追加されます。

リストに登録された番号や、知らない番号からの電話を、着信時にお知らせ。

迷惑電話チェッカーの取り組みを通じ、振り込め詐欺などによる被害の抑止に努めてまいります。

著作権侵害に対し注意喚起を行っています

ファイル共有ソフトを悪用した著作権侵害対策協議会(CCIF)

ISP事業者団体と権利者団体による「ファイル共有ソフトを悪用した著作権侵害対策協議会(CCIF)」に参加し、著作権侵害を行っている会員に対し、注意喚起を行っています。