環境目標

地球環境の維持・向上に向けて、環境マネジメントシステムを適切に運用して企業活動を推進するため、企業としての目標を設定しています。

オフィスにおける環境目標

ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)では、環境マネジメントシステムの構築を行い、国際規格であるISO14001の認証を本社で取得しました。現在は本社をはじめ、全国のオフィスで環境保全活動を継続的に実践しています。

種別どこで
(対象範囲)
2016年度
何を(対象)どうする(目標)
クリーンエネルギー 燃料電池発電設備の安定運用 本社
福岡事務所
Bloom Energy Server CO2排出量25%削減(対電力購入排出比)
省エネルギー 電力の有効利用・利用削減 本社 電力消費量 2010年度比25%削減
一斉消灯システムの導入 オフィスの一斉消灯システムの運用継続
豊洲 照明設備の変更 蛍光灯のLED変更
社内啓発 環境に関する社員教育 全社 環境に関する知識 産業廃棄物処理、フロン管理等の法的知識の向上
エネルギー等の事業知識の向上

ネットワークセンターにおける環境目標

ネットワークインフラを維持・管理する施設においても、環境保全活動を積極的に行っています。
ソフトバンクの事業活動に伴い発生している環境負荷について、全国のネットワークセンターにおいてもISO14001の認証を取得し以下のような環境目標を設定し、環境マネジメント活動を推進しています。

種別2016年度
何をどうする
省エネルギー 電力エネルギーの有効活用 電力の省エネルギー原単位 1年間で1%削減
廃棄 産業廃棄物の適正処理 産業廃棄物 適正処理
廃フロン類の適正処理 廃フロン類 適正処理

「環境目標」達成の進捗については、以下にてご確認いただけます。