環境マネジメント

環境行動指針

ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)では、事業を通して地球環境の維持・保全に積極的に取り組み、持続可能な社会の継続的発展に貢献します。

  • 当社は、事業活動の推進において、環境保全に関する諸法規およびその他の要求事項を遵守します。
  • 当社は、環境マネジメントシステムにより、事業活動における環境負荷を低減していくため、省エネルギー、省資源、廃棄物削減などについて環境目標を設定し、継続的な改善に努めます。
  • 当社は、事業用機器や物品の調達に当たり、環境にやさしいグリーン調達を推進します。
  • 当社は、環境負荷低減に資するネットワーキング技術の開発やネットワーキングサービスの提供に努め、社会全体の省エネルギー化に貢献します。
  • 当社は、社員への環境教育に努めるとともに、当社の環境に関する情報を社内外へ公表し、コミュニケーションを図ります。

環境マネジメントシステム

ソフトバンクでは、環境に配慮した企業活動を推進し積極的な環境保全活動を行うため、環境マネジメントシステムを構築し、環境行動指針の設定や管理体制の構築を実施しました。環境への影響として特に重要視している地球温暖化の防止や使用済み携帯電話の廃棄物のリサイクル推進、省資源化などによって、より環境に配慮した企業活動を目指しています。

また社会の環境意識の高まりに伴い、環境に配慮した製品・サービスの提供や環境保全のためのさまざまな規制、省エネルギー・省資源による企業活動のスマート化など、企業に求められる要望は多様化しています。これらの流れや要望に迅速に応えられるよう、環境マネジメントシステムのPDCAサイクル(計画・実行・確認・改善)を遂行し、継続的な改善も行っていきます。

ソフトバンク株式会社の環境マネジメントシステムの認証機関や取得状況については、こちらからご覧いただけます。

環境マネジメント体制

ソフトバンクでは、国際規格ISO14001に準拠した環境マネジメント体制構築のため、環境に関する事柄全般を検討する横断的な組織である「環境委員会」を設置し、全社的な環境保全活動を推進しています。