ソフトバンクのIoTソリューション


ソフトバンクのIoTソリューション

ソフトバンクはIoTソリューションに必要なセンサーネットワークの構築から、通信回線・通信機器の調達、データ収集および分析、さらに機器ネットワークの保守管理やコールセンター業務まで、ワンストップでサポートいたします。IoTソリューションのサービスを利用する際の膨大な手間と初期投資を大幅に抑え、保守運用などのランニングコストや手間を軽減するとともに、スピーディに導入することが可能です。

お知らせ

[ソフトバンクのIoTソリューション]

ソフトバンクのIoTソリューション図

IoTと製造業

IoTソリューションは、製造業で活用できる可能性が非常に高く、製品開発から製造、出荷、販売までのプロセスや手段に大きな変化を与えると期待されています。大規模な製造企業の場合、あらゆる種類の技術が常に進化し続けるため、製品のデザインや工場での製造プロセスをサポートするシステムすべてにおいて新しいアプローチが必要になると予測されています。
IoTソリューションにより、企業はより効率的に従業員の安全確保が可能になります。さらに製品を利用する消費者の利用情報取得により、新しいビジネスモデルの創出ができます。また、設備管理の効率や安全性が向上することで、資産運用最適化によるコスト削減および収益向上が期待できます。
既存の設備にソフトバンクのIoTソリューション(通信モジュールとアプリケーション)を活用することで、生産性向上が見込め、より大きなスケールのソリューションが導入可能です。

IoTとスマートモビリティ

社会を支えるインフラの1つである交通分野では、環境にやさしくコストを最適化するとともに、円滑で快適な移動を実現するスマートモビリティへの取り組みが進められています。
国内だけではなく、世界中でも環境にやさしく、かつ安全な交通をサポートするIoT・M2Mの通信を管理するのは、ビジネス展開の重要な成功要件の一つです。
ソフトバンクはIoTソリューションを通じ、車などの移動体に通信システムを組み合わせた車載OBD(On Board Diagnostics)コネクタや、クラウドベースのさまざまなアプリケーションなどをご提供しています。最先端のICT技術を通じ、社会における利便性や快適性、および安全性の向上に貢献していくだけでなく、物流などの経済発展および国際競争力向上にも貢献していきます。

IoTとスマートグリッド

電気、ガス、水道など社会に不可欠なサービスを提供しているエネルギー企業にとって、インフラストラクチャの管理も重要な分野です。
例えば、現状の電力ネットワーク上では消費電力量をリアルタイムに知ることは難しいですが、スマートグリッド(次世代送電網)ではスマートメーターなどIoT・M2M端末を設置することで、供給先のエリアや個別の家庭に至る詳細な電力消費量を把握することができます。また、その集計値に基づき正確な電気消費量予測を立て、電力を自動分配することが可能になります。
一方、家庭、企業、工場など電力を消費する場所に、クリーンな自家発電の仕組みを導入することで、従来のように大型発電所だけに頼らず、消費地で必要な電力を生産できるようになってきました。具体的な電力の消費予測を立てられるようになることで、集中電源から分散電源、再生可能エネルギーへの転換、消費者も参加する双方向の電力・情報網への転換を実現できます。
ソフトバンクのIoTソリューションは、スマートメーター、スマートセンサーおよび、遠隔監視・追跡の各種通信モジュール、ネットワーク、セキュリティ、アプリケーションを提供し、スマートグリッド実現に貢献していきます。

お問い合わせ

新規導入のご相談、サービス仕様のお問い合わせ

お問い合わせフォーム