PKIプラットフォーム
ゲートウェイ

ホワイトクラウド PKIプラットフォーム

「PKIプラットフォーム」はソフトバンクのデータセンターで厳重に運用する電子認証局サーバからお客様の社員一人一人へ電子証明書と秘密鍵を発行するサービスです。(PKI : Public Key Infrastructure)

お問い合わせフォーム

特長

  • パスワード認証でのリスクである辞書攻撃、総当り攻撃、フィッシング攻撃を防御する強力な認証セキュリティを実現
  • PKIのご利用を大幅に簡素化、効率化(ソフトバンク独自仕様の申請受付サーバ)
  • 低価格にて電子証明書を発行し、PKIサーバをソフトバンクが構築するため、お客様側でのサーバ運用は不要
  • 自由度の高いご利用が可能(有効期限、証明書記載内容、トークン有無など)

ご利用例

ソフトバンクの電子証明書は、「セキュアリモートアクセス」、「インターネットVPNアクセス」、「PrimeDrive」およびお客様が宅内で運用するVPN終端機器、無線LAN機器、Active Directoryでのスマートカードログオンでご利用可能です。

「セキュアリモートアクセス」での認証セキュリティ強化

「セキュアリモートアクセス」での認証セキュリティ強化

社内無線LANやWindowsへのログオンでの認証セキュリティ強化

社内無線LANやWindowsへのログオンでの認証セキュリティ強化

電子証明書、秘密鍵の配布と失効

クライアント用の電子証明書、秘密鍵ペアのお届け方法は、以下の2つより随時お選びいただけます。
いずれの方法においても、お客様の管理者様(企業管理者様)には電子証明書に記載するユーザ情報などをソフトバンク指定の申請CSVファイルにまとめたうえで、申請受付用のサーバにアップロードしていただきます。(企業管理者様は管理者証明書により認証されます。)

  • 電子ファイルのままダウンロード配布(利用方法:PCにインストールもしくは市販のICカードなどへ格納)
  • ブラウザ操作により、PCへ自動インポート。(証明書更新時期に更新依頼メールを送信し同様のブラウザ操作により自動更新可能)

いずれもメールで発行、有効期限、更新に関する通知をいたします。メール文書はお客様用にカスタマイズが可能です。
電子証明書の失効は、申請受付サーバにてオンラインでの申請が可能です。

閉域網接続オプション

「ULTINA IP-VPN」と「PKIプラットフォーム」を、インターネットを介さずに直接接続するオプションです。本オプションの導入で、閉域網内クライアント証明書発行サービスがご利用できます。

特長

  • クライアント証明書の取得経路を「閉域網経由のみ」とすることができるため、他社サービスのインターネット経由での配布に比べ、より安全性を高めることが可能です。
    • 「ULTINA Wide Ethernet」はじめほかの閉域網サービスをご利用のお客様は、「ULTINA IP-VPN」インターコネクトを利用し、「ULTINA IP-VPN」へ接続することが可能です。
  • CRLの取得経路をインターネットではなく閉域網とすることで、可用性を高めることが可能です。
    • 閉域網接続オプションをご利用されても、インターネットよりCRLを取得することは可能です。

閉域網接続オプションの特長

お問い合わせ

新規導入のご相談、サービス仕様のお問い合わせ

お問い合わせフォーム

サービスパンフレットのダウンロード

資料ダウンロードフォーム

障害・メンテナンス情報

本サービスの障害情報およびメンテナンス情報を確認できます。

PKIプラットフォーム

PKIプラットフォームのカテゴリ

法人サービス > クラウド > ゲートウェイ > PKIプラットフォーム

あわせてよく検討されるサービス

  • SmartVPN
    VPN設計を簡略化し、お客様のニーズに応じた柔軟な構成を実現。クラウドサービスとシームレスに接続可能です。

  • IP-VPN
    専用線に匹敵する高度なセキュリティを低コストで実現、高い信頼性と豊富なオプションサービス、多彩なアクセス手段を備えた閉域網(IP-VPN)サービスです。

  • IaaS
    ハードウェアやネットワークなどの基盤を、インターネットや閉域ネットワークを経由して利用できるIaaS(Infrastructure as a Service)です。

クラウド関連情報

PKIプラットフォーム クラウド ソフトバンク

PKIプラットフォームとは、ソフトバンクのデータセンターで厳重に運用する電子認証局サーバからお客様の社員一人一人へ電子証明書と秘密鍵を発行するサービスです。(PKI : Public Key Infrastructure)